東工大COE教育改革できる研究開発者を育成する

丸山正明  

2,096円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

 東京工業大学大学院の材料系4専攻は、技術経営(MOT)も分かる“スーパードクター”育成の新コースを設け、成果を上げている。これからの研究開発者は、バランスシート(貸借対照表)を読むことができ、経営者としっかり議論できることが必要条件になる。ヒット商品がなかなか産まれない現在、研究開発段階から事業計画を見通し、売れるための魅力ある製品を開発することが研究開発者に強く求められるからだ。ハイテク製品の国際競争が激化する中で、研究開発者の役割は重要になる一方だ。
 東工大材料系4専攻は、文部科学省の教育研究強化の施策「21世紀COEプログラム」に選ばれ、COE「産業化を目指すナノ材料開発と人材育成」を運営する。このCOEが始めた“できる研究開発者を育てる”寺子屋方式の人材育成法を具体的にリポートする。
 学ぶこととは何か、技術立国日本を支える研究開発人材をどう育てていけばいいのか、日本の今後を占う学習論を具体的に解説する。日本が21世紀に研究開発力で、欧米と肩を並べ、モノづくりに基盤を置く技術立国で生き延びるための人材育成策を解説する。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2005年3月31日
ISBN
4822232026
ページ数
240
サイズ
四六
原著者
丸山正明