ガイドライン外来診療2009今日の診療のために

泉孝英 編集主幹 

15,120円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

最新の診療指針を日常診療に活かす!第一線で活躍する臨床医に必須の一冊。2009年度版全面改訂。
代表的処方例、専門医紹介のタイミング、患者への説明のポイントなど、診察のポイントをわかりやすく、簡潔に解説。特別付録:基礎からのCT読影〔腹部編〕

「ガイドライン外来診療2009」の特長:
●コモンディジーズ中心
●軽症~中等症患者に焦点
●詳しい〔解説〕と、そのポイントをまとめた〔要約〕の2部構成
●代表的処方例を数多く提示
●専門医に紹介すべき場合の判断基準を明示
●患者・家族に対する疾患・治療内容の説明ポイントを提示

この一冊で日常診療に必要な情報が過不足なく入手できます!
【読者の先生方からのご意見】
・常に最新のガイドラインが参照できる
・チェックすべき基本的項目が確実に掲載されている
・重症中心のガイドラインでは使えないが本書は有用
・他科領域の進歩がチェックできて便利
・診療の実際が一目でわかる“虎の巻”として重宝、毎年買っています
・自分の専門外の患者も自信を持ってガイドライン準拠の診療ができる
・薬剤を使いこなすのが診療の“キモ”だが、代表的な処方例が多数紹介されているので非常に役に立つ
など、高いご評価を毎年いただいております。

商品詳細

発行元
日経メディカル開発
発行日
2009年3月30日
ISBN
9784931400535
ページ数
624
サイズ
B5
原著者
泉孝英