pepita (ペピータ) ~ 井上雄彦 meets ガウディ

井上雄彦 著 

3,024円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

人間を描写することでは当代随一との呼び声も高い漫画家・井上雄彦が、
絵の表現をさらに深化させるためにバルセロナに旅立った。

範を求めたのは、サグラダ・ファミリアに代表される作品で世に知られる
建築家・アントニ・ガウディだ。

時空を超えて「鬼才」と「奇才」が呼応しあう。

ガウディの眼を携えた井上雄彦は、自然、建築、街、カタルーニャの
人々から受け取れる創造の“種=pepita”を切り出していく。

現地スペインでの取材映像をルポルタージュとしてDVDに収め、自らの
心の内にガウディを再生していくプロセスを書籍(創作ノート)にまとめた。

描画の過程も含めて、井上雄彦のネクスト・ステージをつまびらかにする。



『スラムダンク』『バガボンド』『リアル』から『最後のマンガ展』『屏風・親鸞』へと
進展してきた井上雄彦が、「必然的に」「その延長線上にある」と位置付ける意欲作。
『pepita』はその第1弾だ。

※本書はスケッチ約15点、下絵約50点、写真約100点からなる書籍(創作ノート)と、
 取材過程を収めたDVD(収録時間約75分)によって構成されます。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2011年12月12日
ISBN
9784822260620
ページ数
108
サイズ
A4変型判 ハードカバー/DVD(約75分)付
原著者
井上雄彦