中国に立ち向かう日本、つき従う韓国

鈴置 高史 著 

1,512円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

米国の忠実な同盟国だった韓国、同じ資本主義陣営の仲間とばかり思いこんでいた
韓国が既に中国に取り込まれている-。そう言うと、中国大陸の状況に詳しくない
多くの日本人は驚かれるかもしれません。
ただ、これは現在進行形で起きている現実、東アジアの新しい秩序です。

韓国は軍事機密の円滑な交換を約束する軍事協定を日本と結ぶはずでしたが、中国の
恫喝によって署名の当日に拒否しました。しかも、日本との協定は反故にしたのに、
中国に対して軍事協定を申し入れました。
結べば米国が韓国に与えた機密情報が中国に筒抜けになってしまいます。

韓国は金融の命綱も中国に託しました。いざという時のために、韓国は日本や中国と
スワップ協定を結んでいましたが、人民元の国際化に対する協力と引き替えに、中国
との通貨スワップを延長してもらうことを決めました。ドル体制を揺さぶる中国。
そのお先棒を同盟国の韓国が担ぐとは、米国の心中も穏やかではないでしょう。

この変化を最初に描いたジャーナリストが、日本経済新聞社・編集委員の鈴置高史氏
でした。韓国の中国接近で東アジアの力関係が揺らぎ始めています。
激変する北東アジアで日本は何を考えるべきか。それを知るのに最適な一冊です。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2013年2月25日
ISBN
9784822274146
ページ数
280
サイズ
4-6
原著者
鈴置 高史