ソフトを他人に作らせる日本、自分で作る米国「経営と技術」から見た近代化の諸問題

谷島 宣之 著 

1,620円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

欧米の手法や技術を丸のみすると食あたりを起こす。こうした近代化に伴う適応異常とその対策が本書の主題である。主題を考えるための題材として日本企業がコンピューターを取り入れる際に生じる混乱を取り上げた。

本書を読んで頂きたいのは経営者やビジネスリーダーの方々である。収録した原稿は元々日経ビジネスオンラインというウェブサイトに、こうした方々に向けて書いたものだ。コンピューターは題材に過ぎないからそれに関心が無くても、欧米の考え方や手法を取り入れた時の問題と対策を考える際に役立つはずである。

本書は四つの章に分かれている。第一章に適応異常の実態を、第三章にその原因をそれぞれ書いた。第二章は総論で問題と対策の骨子を手短に記している。第四章には主にコンピューター利活用における対策をまとめたが、四章の内容の抽象度を一段上げて読んで頂くと他の技術利活用の際の対策になる。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2013年12月24日
ISBN
9784822273781
ページ数
224
サイズ
4-6
原著者
谷島 宣之