クレームに学ぶ建て主の本音ささいなすれ違いが生んだ50の悲劇

日経ホームビルダー 編 

2,376円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

電子書籍は日経ストア

内容紹介

日経ホームビルダーの人気連載を書籍化!
“クレーム産業”とまで言われる住宅業界における
建て主からのクレーム50例を紹介、原因と対策を解説します。

 こんな手すりは頼んでない!
 住宅設計のミスだ!
 レンジフードの色が違う! ...

残念なことに、工務店と建て主の間の些細な行き違いが
大きなクレームに発展してしまう悲劇は後を絶ちません。

が、実は、そうしたクレームのほとんどは、
建て主側と住宅を建築・建設する側との間の
ほんのささいなすれ違いから生じたものでした。


設計や施工はどのように進めておけば良かったのか、
最初のクレームにどのように対処しておけば良かったのか---。

本書は、残念ながらトラブルに発展してしまった悲劇の例を紹介して、
それぞれのケースで、何が問題だったのか、
いつ、どのように対処しておけば良かったのか、など、
建て主の態度や言葉の裏に隠された“ホンネ”がわかる本です。


本書で紹介する50のクレーム事例を読めば、
住宅建築をめぐるクレームの本質が見えてきます。
建て主から「やり直せ!」の致命的なひと言を告げられる前に、
住宅建築の現場をあずかる工務店・設計者が読んでおきたい一冊です。



【本書の主な内容】
■クレームの背景を知る
「実は建て主も不安だらけ」
 -1500件以上の住宅クレームに対応してきた達人が語る
■「知り合いだからと信頼していたのに」
・仕様書通りだと思っていたのに
・追加工事の代金を払ってもらえない
・補修工事を無償で要求される
・任せると言ったのに「やり直せ」 ほか
■データで見る建て主の本音(1)
「言わなかったけど12%が不満」
■「信用を落とした見積書」
・依頼主の“息子”が「待った」
・隣人の苦情で解約
・了承してくれていたのに「やり直せ」
・雨に濡れた木材を取り替えろ ほか
■データで見る建て主の本音(2)
「4割以上が見積書に疑い」
■「たばこ臭い家には住みたくない」
・使えぬ鍋あるIHを無償で元に戻せ
・建て主が選んだ設備なのに不満
・キズは直したのに「責任者出てこい」
・着工後でもタダで部品を追加しろ
・ブログに書かれるなんて聞いてない ほか
■データで見る建て主の本音(3)
「4日以上の工期遅れは不満」
■「こんな手すりを誰が頼んだ」
・メールで済む話と済まない話がある
・やり直さないと罰が当たるぞ
・建て主支給の設備が取り付けられない
・設計者への要望はどこへいったのか
・雨漏りを直せない、それでもプロか ほか
■データで見る建て主の本音(4)
「近隣住民の半数近くが不快な思い」
■「隣家の塀の問題をなぜ黙っていたか」
・サービスしたのに怒られた
・建て主の隠れた本音が設備選びで露見
・あの位置ではダメ、設計をやり直せ
・着工できないのを私のせいにするの? ほか


商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2014年6月24日
ISBN
9784822260897
ページ数
256
サイズ
A5
原著者
日経ホームビルダー