パーソナルデータの教科書

小林慎太郎 著 

1,404円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

電子書籍は日経ストア

内容紹介

ビッグデータ活用に必須の「新ビジネス常識」がこの一冊で完全理解!

スマートフォンやソーシャルメディアが普及し、そこから大量に生成されるパーソナルデータを活用して、企業は以前とは比べものにならないほどの精度で、個人の趣味嗜好や未来の行動を把握できる様になりました。

しかし、このパーソナルデータの利活用をめぐって、様々なプライバシー問題に起因する炎上事件も起こっています。

今後、企業がデータを活用し、ビジネスを活性化するには、この「パーソナルデータ」の取り扱いを「ビジネスの新しい常識」として理解しなければなりません。

本書は2014年6月24日に決定された「パーソナルデータの利活用に関する制度改正に関する大綱」も反映し、パーソナルデータの利活用とプライバシー保護について専門家でなくても理解できる様、わかりやすく解説しています。

マーケティング、営業、IT部門、法務部など、企業のデータ活用に携わる方は必携の一冊です。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2014年8月4日
ISBN
9784822225339
ページ数
224
サイズ
4-6
原著者
小林慎太郎