日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う

鈴置 高史 著 

1,512円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

電子書籍は日経ストア

内容紹介

「米陣営に残れ」。4月のオバマ訪韓で踏み絵を迫った米国。しかし、韓国の中国傾斜は止まらず、7月の習近平訪韓でその勢いは増した。「71日間のドラマ」の中で、米中の狭間を流れる“ルビコン河”に踏み出した韓国。なぜ「従中」を選ぶのか。その分析を手掛かりに、アジアの新たな構図を見通す。米中の対立激化、北朝鮮の変節、ロシアの影……流動化する世界で、日本はいかに進むべきか。

『中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』『中国という蟻地獄に落ちた韓国』『「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国』で北東アジアの動向を読み解いてきた筆者が、「これから」に迫る必読のシリーズ第4弾。


商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2014年9月16日
ISBN
9784822277901
ページ数
248
サイズ
四六判
原著者
鈴置 高史