スイッチング電源制御設計の基礎

安部 征哉/財津 俊行 著 

3,240円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

電源の制御をデジタル化するデジタル電源の広がりや、双方向電源によるエネルギーの有効活用など、電源の制御設計の重要性が増している。様々なアプリケーションに対応した電源システムの構築には、電源の普遍的な制御理論を熟知し設計することが重要である。

本書では、これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例を解説している。電源の制御設計において重要な制御対象である電源主回路を、解析により定式化する。その手法として負荷電流を変数にした新しい状態平均化法を用いている。制御系を包括的に設計するために重要な3つの指標(三種の神器:一巡伝達関数、出力インピーダンス、入出力特性)について解説。事例として非絶縁DC-DCコンバータを例に分かりやすく解説。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2015年3月9日
ISBN
9784822275280
ページ数
162
サイズ
A5
原著者
安部 征哉/財津 俊行