世界最高のバイオテク企業

ゴードン・バインダー 著、フィリップ・バシェ 共著、 山崎 勝永 訳   

2,592円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

圧倒的な経営力!
研究開発型企業が取り入れるべき、生きた事例

画期的新薬を生み続ける、アムジェン流イノベーション経営
世界中の難病患者を救うブロックパスター(超大型医薬品)を次々と生み出している、アムジェン(Amgen)社。
社員3名からスター卜したベンチャーは、エポジェン、ニューポジェン、エンブレルなどの市場導入とともに、今や年間売上高2兆円を超える世界最高のバイオテクノロジー企業に成長した。
アムジェンは、今でもユニークな企業だ。研究開発に会社の将来を先導させる意思決定をはじめ、多くの企業とは異なるスタイルをもつ。製品開発の方向性を決める「科学」に根ざしたアムジェン流イノベーション経営の要を、元CEOのゴードン・バインダー氏がアドバイスする。
【アムジェンの価値観】  
◆科学に基づけ ◆激しく競争し勝て ◆患者、社員、株主のために価値を創造せよ
 ◆チームで働け ◆協力し、理解しあい、合意を形成せよ ◆お互いに信頼し、尊敬せよ
 ◆品質を確保せよ ◆倫理的であれ
≪この価値観から、最重要の原則が生まれた≫ 社員は、間違う自由を持たなければならない 管理職の主な仕事は、部下を助けること 上司の手伝いは、部下の主要な仕事ではない 当事者がその仕事の計画を立てるべき すべての規則、指針、手続きには、例外がある 楽しめ
【主な内容】
第1章 スタートアップのスタート  第2章 アムジェンの株式公開  第3章 科学とビジネスの遭遇  第4章 IPOからEPOまで4カ月  第5章 EPOの臨床試験  第6章 うまくいった提携とそうでなかった提携  第7章 暑い夏  第8章 核の冬  第9章 アムジェンはどうやって勝てるチームを作ったか  第10章 アムジェンはどうやって社員をやる気にさせていたのか  第11章 ビジネスにおける倫理の価値  第12章 現役を続行 
★amazon.co.jpのオンデマンド(ペーパーバック)にて発売開始しました。プリント・オン・デマンド(POD)によって、1冊からでも注文に応じて迅速に印刷します。(2017.6.12)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2015年4月27日
ISBN
9784822200077
ページ数
320
サイズ
4-6
原著者
ゴードン・バインダー 著、フィリップ・バシェ 共著、 山崎 勝永 訳