自動車ロードマップ 2050Automotive Roadmap 2050

浮穴 浩二 著/日経Automotive 編  

324,000円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介


クルマの技術と商品の未来を1年単位で予測!
エネルギーからサービス、今後の消費者像まで、未来を動かす200以上のシナリオを提示

情報通信(IT)やコンピューティングを中心にした技術の革新によって、人間の生活が激変している。人の生活と密接に関わるクルマも当然、大きく変わる。本書は主に経営企画部門や技術企画部門、商品企画部門を対象に、人間の生活の変化を中心に据えつつ、エネルギー環境や通信環境などに伴う社会動向の変質を踏まえながら、2050年のクルマの形を1年単位で予測する。

2050年は、クルマの進化におけるターニングポイントになりうる年である。コンピューターが人間の能力を越える時代になると予測できる上、ガソリンを中心としたエネルギーの時代は終焉に向かい始める。加えて現在の先進国は、医療の発達と少子化によって超高齢化社会になっている。クルマの形は、否が応でも大きく変わらざるを得ない。自動車産業に関わる企業や人は、2050年を現段階である程度見据えておくのは必須である。

さらに本書は、近未来のクルマのサービス形態や消費者像を豊富なイラストを交えて予測した。近未来のクルマがどうなっているのか、一目瞭然に分かるだろう。



※詳しいパンフレットはこちら



※見本ページ無料ダウンロード!

「未来のクルマ アイデアマップ」PDF特別版はこちら



商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2015年9月30日
ISBN
9784822275426
ページ数
250
サイズ
バインダー形式(A4判)、CD-ROM付
原著者
浮穴 浩二 著/日経Automotive 編