未病革命2030予兆をつかめば社会とビジネスが変わる

片山 さつき 著 

1,296円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

「1億総活躍社会」実現の大前提!
IoHHを提唱する著者が、キーパーソン7人と徹底討論!


「今、日本にとって潜在成長率を上げることがまさに不可欠です。すでに現在の成長率の水準においても、少子化などによる人手不足がボトルネックになっており、産業のあらゆる分野で今以上の情報通信技術(ICT)化を進めていくことが非常に重要になっています。

「モノのインターネット」と言われ、すべてのモノがネットワークによってつながり、人の操作を介さずにモノ同士で情報をやり取りしたり、互いを制御したりできるIoT(Internet of Things)は、現在のICT化における重要なキーワードの一つです。……

IoHH(Internet of Human Health)は、「課題先進国」である日本が国家として地球上最初に直面する最大の課題、超高齢化にIoTのコンセプト、技術を活用しようというものです。高齢化を、人間という60兆個の細胞からなる生物体の老朽化という概念でとらえれば、従来の発想とは違った切り口での問題解決方法が見えてくるはずです」
(本書「総論 なぜ、今IoHHなのか」より抜粋)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2015年12月14日
ISBN
9784822279264
ページ数
216
サイズ
四六判
原著者
片山 さつき