小売電気事業者総覧

日経BPクリーンテック研究所 調査 

324,000円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

家庭向け電力小売り参入67社の動向を多角的に分析!

2016年4月から電力小売りが自由化されました。8兆円といわれる低圧部門の市場が開放され、多くの企業が電力小売りに参入しました。4月20日までに家庭向けの料金メニューを発表、もしくは小売りを表明した大手電力を含む小売電気事業者や有力販売代理店は67社に上ります。

本調査レポートでは、この電力小売りを手掛ける67社の家庭向けの主要料金メニューやセット販売、ポイントプログラムなどの情報を幅広く収集するとともに、各社の販売戦略や料金メニュー、ポイント戦略、Web/暮らしサービス戦略、電源戦略などを分析しました。さらに大手電力エリア別の事業者の参入状況を明らかにし、各エリアでの競争環境を明らかにしました。

すでに電力小売りを始めている事業者はもちろん、これから参入を予定、もしくは参入を検討する企業、小売電気事業者を支える商品・サービス提供事業者にとってビジネスを拡大するために活用いただける調査レポートです。

◆本レポートの特徴
【1】事業者67社ごとの料金メニューや販売戦略を簡単に把握できる
4月20日までに家庭向けの料金メニューを発表、もしくは小売りを表明した小売電気事業者や有力販売店67社の最新情報を調査。各社の「販売戦略」「顧客獲得目標」「ブランド戦略」「ポイント戦略」「Web/暮らしサービス戦略」「電源戦略」などの分析軸で整理しました。

【2】ユニークな料金メニューやポイントプログラムを戦略策定に生かせる
販売戦略や料金メニュー、ポイント戦略、電源戦略などを横断的に分析。電力使用量で基本料金を決めるメニュー、富裕層が保有するクレジットカードへポイントを付与するプログラム、再生可能エネルギーを多く取り入れたFIT電気などユニークな取り組みを解説します。

【3】大手電力エリア別の参入・競合状況を一覧できる
大手電力のエリアごとに事業者の参入状況を整理。競合する事業者の戦略を確認できるように、五十音順に事業者の情報をまとめました。

※本商品はお取り寄せ商品につき、発送までに1週間程度かかります。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2016年5月23日
ISBN
9784822278687
ページ数
310
サイズ
レポート〔A4判〕、PDFデータ〔CD-ROM〕
原著者
日経BPクリーンテック研究所