海と地域を蘇らせる プラスチック「革命」

グンター・パウリ、マルコ・シメオーニ 著 枝廣淳子 監訳 日経ESG 編  

2,200円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

プラスチックはもう使ってはいけないのか?
海洋プラスチック問題が世界的課題になるなか、
ダボス会議で「21世紀のリーダー」の1人に選出され、
「ブルーエコノミー」や「ゼロエミッション」の提唱者でもある
サステナビリティ分野の起業家グンター・パウリ氏が、
プラスチックの生産方法と利用の仕方を変え、
経済を回す新しいビジネスモデルを提言しているのが本書である。
プラスチック問題の解決によって、
海ばかりでなく地域も再生するシナリオを描いている。
環境ジャーナリストの枝廣淳子氏が監訳した。
プラスチック問題は国連のSDGs(持続可能な開発目標)にとって
重要なテーマであり、ESG(環境・社会・ガバナンス)経営を
進める企業にとって必須の書籍である。

<主な内容>
まえがき   ビジネスの力を世のため人のために
プロローグ   島とプラスチックと科学の進化
はじめに   プラスチック・ソリューション運動
第 1 章   思い知った汚染の深刻さ - 環境活動家マルコ・シメオーニ
第 2 章   新しいビジネスモデルを提案 - 環境起業家グンター・パウリ
第 3 章   必要なのは知的な設計
第 4 章   メッセージを掲げた船で世界を巡る
第 5 章   プラスチックと土壌の「目標と原則」
第 6 章   廃棄するか、ごみを活用するか?
第 7 章   難燃剤などの化学物質の"カクテル"を安全な代替物へ
第 8 章   ごみに価値を与え、プラスチック汚染を終わらせる
第 9 章   自然界の海藻を活用する
第 10 章   1 + 1 = 3、新しいシステムが多くの便益を生む
第 11 章   100年ビジョンで考え、レガシーを残すキャプテンになる好機
日本版解説   写真で見る、自然エネルギーで走る船の旅
日本版解説「使い捨て」から「使い回し」へ   ゼリ・ジャパン理事長、サラヤ代表取締役社長 更家悠介
著者・訳者紹介

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2020年6月1日
ISBN
9784296106264
ページ数
208
サイズ
A5
原著者
グンター・パウリ、マルコ・シメオーニ 著 枝廣淳子 監訳 日経ESG 編