日経コンストラクション2021年7月12日号

日経コンストラクション 編   no. 763 7月12日発行

1,700円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月第2・第4月曜日発行
26,200円/ 1 年購読

小計
円 (税込)

内容紹介

特集 シン ・ コンクリート
・シン ・ コンクリート 2号集中特集 後編(028p)
・東京大学生産技術研究所 砂漠の砂同士を接着させてつくる セメント要らずの硬化体(030p)
・愛媛大学他 納豆菌でコンクリートが長持ち 自己治癒に加え鉄筋腐食を抑制(033p)
・奥村組土木興業他 スラグと海水の新コンクリート 練り混ぜ後2時間も流動性確保(036p)
・三井住友建設 自己収縮と乾燥収縮がほぼなし セメントを使わない構造部材に(038p)
・大林組他 耐熱 ・ 耐酸に優れたジオポリマー 「ゼロセメント」 の実用化進む(040p)
・普及のカギ握る発注者
入札で 「CO2削減」 を評価する兆し 工事成績で加点する自治体も(042p)
・持続可能な脱炭素社会へ
「グリーンウオッシュ」 にご用心 忘れがちな材料の持続可能性(046p)
ズームアップ 橋
・山奥で進む橋梁工事のDX 米子自動車道船谷川橋上部工事(鳥取県) (008p)
NEWS 時事 ・ プロジェクト
・木曽川の洗掘で橋脚が20cm沈下(016p)
・JR東海がリニア大深度工事の安全性強調(017p)
・255万人の広域避難は困難、7割削減(018p)
・資格の不正取得問題、 「隠蔽」 で解決逃す(019p)
・海外の建設受注がコロナ禍で半減(020p)
・新法初の洋上風力は戸田建設など6社に(021p)
・本明川ダムの完成は8年遅れに(022p)
・DXと脱炭素で社会資本整備の数値目標/気候変動を踏まえて治水方針見直しへ(023p)
NEWS 技術
・UFC床版で更新の工期をほぼ半減(024p)
・1人でトンネル支保の建て込みが可能に(025p)
・低温下で4時間以上早く打設を終える(026p)
・AIが当日現場で起こりそうな災害を例示(027p)
インタビュー
・国際コンクリート連合(fib)会長 春日 昭夫氏(三井住友建設副社長)
CO2を減らせる企業だけが生き残る(048p)
成績80点の取り方
・5種の修繕パターンで施工合理化 国道3号日奈久地区外舗装修繕工事(熊本県) (051p)
TOPICS
・自律運転 大林組のダンプ自律化、米国で始動(054p)
技術士一直線2021
・反復練習で追い込みかける(064p)
新製品 ・ 新サービス
・MRソフト GyroEye 2021.1 ほか(068p)
読者から
・受発注者双方をやる気にさせる第三者機関を待望 ほか(073p)
記者の眼
・資格取得不正の背景に国の不作為(074p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2021年7月12日
サイズ
0
原著者
日経コンストラクション 編