ワセダアジアレビューNo.4

早稲田アジア研究機構 編著 

1,028円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

早稲田大学アジア研究機構に所属する教員により、「アジアとは何か」「アジアの中で日本は何をすべきか」といった問題をひもとく。教員の専門は政治学、社会学、経済学、文学などと多彩。対談、論文、講演、インタビューなど、取材形式を変化させることによって飽きのこない構成になっている。アカデミック色を残しつつも、一般向けにも理解できる内容に仕上げる。

<構成・目次>
・特集 東アジア共同体への道
・論争アジア「自由貿易・食料輸入・暮らしと安全」(浦田秀次郎・早稲田大学大学院アジア太平洋研究科 教授、大野和興・農業ジャーナリスト)
・リポート・国際シンポジウム「The Pacific Review誌20周年記念シンポジウム」
・近くて遠いアジアの国 「スハルトとインドネシア」
など

商品詳細

発行元
日経BP企画
発行日
2008年8月11日
ISBN
9784861303531
ページ数
96
サイズ
A4変
原著者
早稲田アジア研究機構