ICガイドブック 09-10年版よくわかる半導体

社団法人 日本電子情報技術産業協会(JEITA) ICガイドブック編集委員会 編著 

3,240円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

 半導体の基礎から最新のビジネス・技術情報までを網羅した入門書。新入社員からベテランビジネスマンまで幅広く、座右の書として知識の整理・拡大に利用できる。とくに、デジタル家電や自動車など主な半導体の応用製品への利用方法やシステムLSI時代の新しい設計手法、アナログ/デジタル回路の基礎、ナノメータ時代の製造技術、アライアンスなど半導体産業を取り巻く環境や課題などをわかり易く解説している。
 本書は、1980年以来10版にわたって刊行し、半導体の顧客や関係者、大学・研究者、アナリストなどから評価の高い『ICガイドブック』の第11版(06年版)の全面改訂版で、JEITAに加盟する主要半導体メーカが中心となり編集・執筆した。
 半導体は、電子機器の中に組み込まれているため、あまり目に触れず、地味な存在である。しかし実際は、小さなチップの中にさまざまな新しい機能を集積し、新しい市場の創造やシステム・機器の低価格化、小型・軽量化、省エネ化に貢献し、今や生活・産業・社会のインフラとなるほど重要な存在である。半導体がなければ、パソコンも、携帯電話も、デジタルテレビも開発されなかった。半導体の進歩によって新しい機器が開発され、生活を豊かにしている。自動車も低燃費で安全・快適なドライブを半導体によって実現している。本書はこういった半導体の利点だけでなく、課題や限界についても触れている。

商品詳細

発行元
日経BP企画
発行日
2009年4月13日
ISBN
9784861303913
ページ数
336
サイズ
A4変
原著者
社団法人 日本電子情報技術産業協会(JEITA) ICガイドブック編集委員会