どがんね古賀常次郎詳伝

佐保 圭 著 

1,296円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

厳しく暴力の絶えなかった父親と若くして亡くなった母親、こうした家庭環境の中で生まれ育った佐賀の少年が、悪の道に足を踏み入れかけたのを思いとどまり、中卒で働きながら定時制高校へ通い始め、四か年皆勤を果たす。
成人してからは、欧米で特許を取得した発明をきっかけに、日本のノーベル科学賞ともいわれる第一回市村賞を受賞する一方、少年時代の体験から、犯罪者などの立ち直りを支援する更生保護活動にも尽力し、社会的な成功者となるまでの人生をたどったもの。
本書は、発明家、事業家、そして篤志家として更生活動に取り組み、大きな功績を残している古賀常次郎の「三つの人生」を通して、「正直かつ真面目に人生に立ち向かえば、きっと道は開ける」というメッセージを若い世代に伝える。

商品詳細

発行元
日経BPコンサルティング
発行日
2012年1月18日
ISBN
9784901823982
ページ数
248
サイズ
A5
原著者
佐保 圭