経営人事ノート「人」と「企業」を強くする人事制度構築

二宮靖志 著 

2,700円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

◎人事は経営の土台、企業の成長を左右する存在だ!
本書のテーマは、経営と人事を強くつなぐ「経営人事」である。
そもそも人事とは、人の成長を方向づける働きを持ち、経営の土台に位置していなければならない。
なぜなら、人こそが企業の推進エンジンであり、人の処遇を決する人事制度は、
企業の成長を左右する重要な存在だからである。
しかし、実態は異なる。
経営の前線では人事の仕事が実務作業として処理されるに留まり、
企業の底力を引き上げるだけの効果を生んでいない。
人事施策が現場の仕事、人の行動に展開・浸透されておらず、
社員の共感を得るに至っていないからである。

◎人事制度の3本柱に、自社独自の理念を組み込む
これらの課題を解決しようというのが本書である。
人事制度を構成する「等級」「評価」「報酬」の3本柱に、
自社独自の「人」「仕事」「人件費」の3要素を組み込むことで、
「人の成長を方向づける等級昇格制度」、「仕事に対する貢献を導く評価制度」、
「人の成長に報い仕事の貢献を認める報酬制度」を機能させようというのである。
人の活躍を考える、人を豊かにする--。
これは「経営人事」の本質であり、そして企業経営そのものである。

商品詳細

発行元
日経BPコンサルティング
発行日
2015年12月14日
ISBN
9784864430753
ページ数
232
サイズ
A5
原著者
二宮靖志