戦略思考のリスクマネジメント業績向上につながる5つの危機管理力の磨き方

企業広報戦略研究所 編著 

1,944円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

◎あなたの会社のリスクマネジメントに「戦略」はありますか?
「リスク」の本来の意味は「不確実性」であり、
ある行為によってもたらされる結果が不確実であることをさす。
結果が良い方向に振れることもあれば、悪い方向に振れることもあるが、
企業にとっては、この「不確実性」をコントロールすることこそがリスクマネジメントだといえる。
リスクマネジメントの対象となる要素は多岐にわたり、事業機会の判断、製品の企画・開発、人材や財務など、
ビジネスのあらゆる要素を網羅したものにならざるをえない。
リスクマネジメントはまさに経営そのものということもできる。
本書では、複雑化・多様化するリスクに対して、企業のトップがどのようにリーダーシップを発揮し、
経営戦略や事業戦略を支えるリスクマネジメントを構築すべきかを5つの視点から考察する。

◎「企業の危機管理に関する調査」から見えてきた、日本企業のリスクマネジメントの実態
企業広報戦略研究所(電通パブリックリレーションズ内)では、
2015年3月、東京大学大学院情報学環総合防災情報研究センターと共同で「企業の危機管理に関する調査」を実施。
企業の危機管理に関する活動内容を定量的に把握するため、
「リーダーシップ力」「予見力」「回避力」「被害軽減力」「再発防止力」という5つの視点で
企業の「危機管理力」を独自に数値化し、企業の危機管理力の強み・弱みを明らかにした。
これらの調査によって明らかになった企業のリスクマネジメントの実態について詳しく考察する。

商品詳細

発行元
日経BPコンサルティング
発行日
2016年7月15日
ISBN
9784864431095
ページ数
270
サイズ
4-6
原著者
企業広報戦略研究所