日経アーキテクチュア2016年5月12日号

日経アーキテクチュア 編  no. 1071 5月12日発行

1,680円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月第2・第4木曜日発行
24,900円/ 1 年購読

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

  • 特集 熊本大地震 「震度7」 連鎖の警鐘 波状的地震が突き付けた建築の課題
    • 震度7連鎖の警鐘 波状的地震が突き付けた建築の課題(030p)
    • 住宅被害は1万棟超える(032p)
    • 耐震補強後の施設も使用不能に 車内泊を余儀なくされた避難者(034p)
    • 震度7再来で1階の崩壊が急増 前震 ・ 本震後を写真で比較する(038p)
    • 高層マンションのもろさ露呈 旧耐震基準の建物で層崩壊相次ぐ(044p)
    • 耐震改修未着手の天守に打撃 城内で重要文化財の倒壊相次ぐ(048p)
    • 2つの断層帯で地震が連鎖 大きな余震も頻発、震源が広域に広がる(050p)
    • 波状的地震と信頼失った建築 耐震改修は必須、免震 ・ 制振など新しい耐震構造の普及を(054p)

  • News 時事
    • 新宿ゴールデン街火災で浮上した難題 建て替え阻む 「地権者の多さ」 と 「道幅の狭さ」 (009p)
    • 日本建築学会賞、作品賞に3施設 小嶋一浩氏が得意の学校で2度目の作品賞(010p)
    • 加速する 「新国立」 整備計画 基本設計は5月末に完了予定(011p)
    • DIY型賃貸借の促進で空き家対策 国交省が契約書式とガイドブックを公表(012p)
    • LIXILが無金利のリフォームローンを導入 最長5年、消費者の金利負担を肩代わり(013p)
    • 木造3階建て旅館の改修に独自指針 城崎温泉の景観保全で条例制定へ(014p)

  • News プロジェクト
    • 虎ノ門ヒルズに新たな超高層3棟 総事業費4000億円、地下鉄新駅と一体開発(015p)
    • 伊東氏、木製やぐらでプロポ最優秀 水戸市の市民会館、反対派は署名提出(017p)
    • 流通木材をビスで束ねた中規模木造 平屋なら鉄骨造より1割強の低コストに(018p)

  • News 技術
    • 横にも動く外壁タイル検査ロボット 窓や庇の下も検査が可能に(019p)

  • News フロム ・ ウェブ
    • フォスター設計の新駅舎、ロンドンに(020p)

  • フォーカス[建築]
    • フクマスベース(福増幼稚園新館) (千葉県市原市)
      規格品の大型テントに木造園舎を組み込む(056p)

  • フォーカス[住宅]
    • 旭の遠心力(千葉県旭市) 中庭と外部をつなぐ 平屋の 「の」 の字プラン(064p)

  • 第一線の10人が語る 建築のチカラ
    • 職人の士気高め状況一変 中野達男氏 竹中工務店大阪本店総括作業所長(068p)

  • 人を動かすプレゼン 伊東豊雄氏 【最終回】
    • 与条件にはない 「行為」 を引き出す(074p)

  • トピックス
    • 「減築」 で商店街再生 交流モールの整備をきっかけに若者の活気(078p)

  • 新製品
    • エコカラットプラス、サーモタイル(083p)

  • エコハウスのウソ<建築計画編>
    • Low-Eガラスの役割は日射の遮蔽? (084p)

  • 建築日和
    • 失われゆく風景(090p)

  • 読者から/編集部から
    • 杭偽装の元請け責任を問う(091p)

    連載講座のうち、「実務に役立つ法令解説」 は、毎月第4木曜日発行号に掲載します

    商品詳細

    発行元
    日経BP社
    発行日
    2016年5月12日
    サイズ
    *
    原著者
    日経アーキテクチュア