日経アーキテクチュア2019年3月14日号

日経アーキテクチュア 編   no. 1139 3月14日発行

1,712円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月第2・第4木曜日発行
24,900円/ 1 年購読

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

特集 シリーズ 「想定外」 の教訓〈1〉 過敏になる音問題
・過敏になる音問題 トラブルに学ぶ 「多様化する受音者」 への配慮(040p)
・順法でも近隣トラブルに発展(042p)
・建物内の騒音は設計で解決(045p)
・空気は遮音 ・ 吸音、固体は防振(048p)
・パシッと聞こえたら熱伸縮を疑え(054p)
News クローズアップ
・ 「受注優先」 が招いた免震偽装 KYBと川金HDがダンパー不正で調査報告(009p)
News 時事
・戸建て住宅の設計者に省エネ説明義務
建築物省エネ法改正案、届け出制度の監督体制も強化(012p)
・徳島市再開発訴訟で組合の上告不受理
権利変換計画の不認可巡る訴訟、市側の勝訴が確定(013p)
・住宅断熱化の健康影響調査で中間報告(014p)
News 技術
・ 「新国立」 の大屋根支える仮設支保工 タワークレーンの支柱を活用、大成建設が開発(015p)
News プロジェクト
・CLT梁現しのパビリオンを東京 ・ 晴海に 五輪開催後に岡山県真庭市へ移築(016p)
News 世界
・佐藤総合が中国で100m角の複合ビル
中央のボイドとピロティで山と運河から風を取り込む(017p)
建築訴訟 「ここが知りたい」
・ 「風営法」 より厳しい立地規制も合憲 風俗案内所を規制する条例を巡り最高裁が判断(018p)
フォーカス[建築]
・須賀川市民交流センター tette(福島県須賀川市) スラブのずれで多機能融合(030p)
フォーカス[住宅]
・梨園の家(千葉県船橋市) 長手方向生かす混構造(056p)
トピックス
・実践! 設計の生産性革新 竹中、日建、アラップが自社オフィスを大改造(062p)
プチ 歴史で学ぶ技術の真価
・制震構造技術 目指したのは“ロボットビル”(074p)
新 ・ エコハウスのウソ
・断熱2倍なら暖房費は半分? (078p)
新製品
・墨出し器 ゼロブルー(088p)
建築日和
・ 「有名建築+名作展」 3館1日巡り(090p)
読者から/編集部から
・街づくりの視点を加えて(091p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2019年3月14日
サイズ
0
原著者
日経アーキテクチュア 編