日経アーキテクチュア2020年2月13日号

日経アーキテクチュア 編   no. 1161 2月13日発行

1,800円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月第2・第4木曜日発行
24,900円/ 1 年購読

小計
円 (税込)

内容紹介

特集 首里城炎上の教訓
・首里城炎上の教訓 正殿含む7棟の焼失があぶり出した課題(044p)
・猛烈な輻射熱が消防隊を襲う 消防活動報告書が物語る火災の激烈さ(046p)
・焦点は復元と防災の両立 モデルを示せるか、防火 ・ 文化財の識者に聞く(052p)
・感知器を使い分けて早期覚知へ 消防法外の設備も駆使して火災を警戒(058p)
・5カ年計画で国宝の防火対策を加速(062p)
News クローズアップ
・山本理顕氏らと天草市が和解 設計契約解除を巡る訴訟、市が約1627万円を賠償(008p)
・トヨタ 「2000人都市」 の野望 人や建物、車がつながる実証都市でグーグル追撃(010p)
News 時事
・施工図作成者が 「偽装請負」 で竹中を提訴
争点は労働者派遣法の 「みなし規定」 が適用されるか(012p)
・アスベスト対策を強化、戸建ても対象に
政府は大気汚染防止法や石綿障害予防規則を改正へ(014p)
・鹿島と竹中がロボット開発で異例の協業
資材搬送の自動化や建設機械の遠隔操作に取り組む(016p)
・前田建設のTOBに前田道路が猛反発
インフラ運営でのシナジー巡りグループ内で意見対立(017p)
News 技術
・世界初掲げる土砂搬送ロボット 腸のぜん動運動を模倣し大型重機を不要に(018p)
・BIMを鉄骨専用CADに自動変換
構造設計を支援して躯体の建設費を抑えた提案しやすく(019p)
・ 「後付けIoT」 で建機を手軽に監視 異なるメーカーでも稼働状態を“見える化”(020p)
News プロジェクト
・虎ノ門ヒルズの新オフィス棟が完成
地下鉄新駅に直結、交通機能の充実で 「東京の玄関口」 に(021p)
・文化財の百貨店をホテルに転用 大阪 ・ 難波に長期滞在型の 「シタディーン」 が開業(022p)
・東京 ・ 渋谷の新宮下公園、6月開業へ
長さ330mの低層複合施設に店舗とホテルが併設(023p)
建築訴訟 「ここが知りたい」
・重説前に発注者都合の計画中止
「建築士法違反でも契約は成立」 、設計料請求認める判決(024p)
カウントダウン東京五輪
・日比谷線 虎ノ門ヒルズ駅(東京都港区) 走る地下鉄の真下にコンコース(028p)
フォーカス[建築]
・東京メトロ銀座線渋谷駅(東京都渋谷区) M形アーチで魅せる無柱駅舎(064p)
「想定外」 の教訓
・思った以上に人が押し寄せトイレ増設(074p)
トピックス
・デジタルで 「民主的」 建築 機械刻みの薄板継いで“家”を建設(080p)
フォーカス[住宅]
・南荻窪の家(東京都杉並区) 光生かす南の大窓と東の壁(086p)
新製品
・宅配ボックス 〔ピタットKeyシステム〕ルシアス宅配ボックス1型(106p)
読者から/編集部から
・台風19号の教訓を生かせ(108p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2020年2月13日
サイズ
0
原著者
日経アーキテクチュア 編