日経コンピュータ2020年3月5日号

日経コンピュータ 編   no. 1011 3月5日発行

1,240円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

原則隔週木曜日発行(年26冊)
24,900円/ 1 年購読

小計
円 (税込)

内容紹介

特集1 緊急特集、循環取引
・緊急特集、循環取引 IT業界の 「闇」 再び(024p)
・水増し、1000億円超 循環取引の全容判明(026p)
・繰り返される不正会計 行き着く先は経営破綻(032p)
・ 「悪癖」 なくせるか 識者に聞く根絶策(036p)
特集2 DXに不可欠な3技術
・DXに不可欠な3技術 データレイク ・ コンテナ ・ マルチクラウドを知る(038p)
ITが危ない
・ 「Oracle RAC」 が使えなくなる 小規模システムで費用4倍増も(006p)
ニュース&リポート
・在宅勤務 ・ 時差通勤 ・ 会合禁止 新型コロナ対策、IT業界でも(008p)
・HDD破壊の意外なリスク 消去 ・ 除去のほうが安全な例も(009p)
・電子申告義務化に落とし穴 半角カナや日付表記に要注意(010p)
・ランサムウエアが最大の脅威だ セキュリティーのカリスマが警鐘(011p)
・新型小売店 「b8ta」 が日本上陸 顧客は消費者ではなくメーカー(012p)
・社会保険の電子申請が義務化へ 広がるか、経産省 「GビズID」 (014p)
・レジ無し店、見えた限界と可能性 ローソンが挑む 「コンビニ2.0」 (016p)
乱反射
・富士通、9年ぶりの営業 ・ SE統合 顧客トップの信頼を得られるか(018p)
2weeks from 日経XTECH 2月10日(月)~21日(金)
・JRクレジット決済障害 原因はDBの不具合 ほか(019p)
データは語る
・カード不正被害者の多くは明細確認 6割は自ら発見、サイバー犯罪が大半(020p)
挑戦者
・中島 一明 氏 ベルフェイス 社長 「ヒラメ筋」 よりIT 営業支援で世界狙う(022p)
フォーカス
・和製手術支援ロボ 王者 「ダビンチ」 に挑む(046p)
インタビュー
・アフラック生命保険 社長 古出 真敏 氏
アジャイル全社導入、スピード追求 デジタル活用で健康寿命延伸に貢献(050p)
ケーススタディー
・日清食品ホールディングス
オンプレSAPをAzureへ移行 2度のリハーサルで万全を期す(054p)
動かないコンピュータ
・英ポストオフィス 郵便局長550人が冤罪被害 横領容疑、真相は勘定系のバグ(058p)
極言正論
・循環取引問題は氷山の一角か 「不正が絶えないIT業界」 の真相(061p)
キーワード
・コーポレート ・ ベンチャー ・ キャピタル(Corporate Venture Capital) (062p)
AI時代のIT監査
・分析 ・ 意思決定の実務にAI活用 リスクを踏まえガバナンスを強化(064p)
突然 「営業になれ」 と言われても怖くない!
・事例で顧客の心をがっちりつかむ 導入判断の内容を提示(068p)
ネットワークトラブル プロに学ぶ対応術
・既存設定の引き継ぎでトラブル 無線LANのリプレースや増設に注意(072p)
社長の疑問に答えるIT専門家の対話術
・企業情報システムの新形態 狭く濃く業務を一貫処理(076p)
読者の声
・コンピューターウイルス(084p)
モバイル一刀両断
・ドコモとの紛争は日本通信勝利へ 次の値下げは 「あの機能」 が標的か(087p)
中田敦のGAFA深読み
・グーグル、クラウド売上高1兆円に 先行くAWSは 「あれ」 が1兆円(088p)
大森敏行のプログラミングで行こう
・プログラミング未経験の人が 必ず抱く 「幻想」 と、その正体(089p)
勝村幸博の 「今日も誰かが狙われる」
・IEにパッチ未公開の危険な脆弱性 それでも騒がれない 「悲しい理由」 (090p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2020年3月5日
サイズ
0
原著者
日経コンピュータ 編