日経デザイン2019年9月号

日経デザイン 編   no. 387 8月24日発行

3,362円

  • 全て税込み表示です

定期購読を申込む

毎月24日発行(年12冊)
29,800円/ 1 年購読

小計
円 (税込)

内容紹介

特集 売れるネーミング、刺さるキャッチフレーズ
・売れるネーミング、刺さるキャッチフレーズ(028p)
・SORA/ホタルノヒカリ 若い女性を振り向かせた関西流ネーミング(030p)
・恋する豚研究所/恋する豚研究所 福祉施設のレストランに行列2時間のナゾ(034p)
・赤城乳業/ガツン、とみかん 自虐キャッチフレーズで売り上げ20%アップ(037p)
・ジャパン ベーカリー マーケティング社長 ベーカリープロデューサー 岸本拓也氏
「考えた人すごいわ」 の名付け親に学ぶ発想術(040p)
・おいしさ表現の変遷 2つの言葉の組み合わせで新しい食感を表現(042p)
・ソニー/サイバーショットRX100シリーズ
名前も形も変えないことで独自の地位を築く(044p)
・マツダ/MAZDA3 なぜ 「アクセラ」 は 「MAZDA3」 になったのか? (046p)
・資生堂/マジョリカ マジョルカ 2テーマ40案から 「らしさ」 で選ぶ色の名前(048p)
・ビーズ/DOD 好き嫌いが分かれても、覚えてもらうことが優先(050p)
・知っておきたいミニ知識 ネーミングやイラスト使用にルールあり(054p)
ND’s Letter
・名は体を表す その名前は共感を呼べるか(003p)
No Design,No Business.
・カジグループ 社長 梶 政隆 BtoB企業こそブランディング! 価格競争から脱却へ(006p)
クリエイターの視点
・本多達也 富士通 Ontennaプロジェクトリーダー/UIデザイナー
エンタメ業界も注目! 音を楽しむ富士通の新製品(008p)
ニュース&トレンド
・知的財産 類似バッグの販売差し止め裁判で、イッセイ ミヤケが勝った理由(010p)
・社会貢献 難民が作る世界的なブランド 「MADE51」 がアジア初上陸(012p)
・ブランディング 4カ月で3万人が来場したメルセデス ・ ベンツ日本の不思議な家(014p)
・共創空間 良品計画と武蔵野美術大学、 「産学共同店舗」 を初出店(016p)
・新規事業 ソニー支援で京セラとライオンが 「音楽が聞こえる」 歯ブラシ開発(018p)
・高級家電 “筒がない”高級ドライヤー好調 プロの不満聞き、男性も支持(020p)
・シリコンバレー サンフランシスコの埠頭地域で、大規模な再開発計画が進行中(022p)
新市場を創る人のデジタル戦略メディア 日経XTRENDの見どころ
・日経デザイン読者に読まれた記事ベスト20 2019年7月1~31日のクロストレンド記事ランキング(UB) (024p)
リポート パナソニックのデザイン経営が新段階に
・デザインで各カンパニーを連携、スマート知育玩具も発売
全社横断のデザイン本部を新たに設立(062p)
・品質部門の女性社員が起案した、新発想の介護向け調理器具
ゲームチェンジャー ・ カタパルトから初の事業化(064p)
・外部デザイナーが発案した、3色の影を変化させるLED照明
100BANCHから生まれた初の製品(066p)
デザインの限界 経営に効くデザインのつくり方
・富久錦/播磨路、播州古式 民事再生からの復活、老舗酒蔵が売り上げ20%増の理由(068p)
売れる! CMキャラクター探偵団
・江崎グリコ 綾瀬はるかの“奇妙な踊り”に企業メッセージを乗せた(072p)
・キリンビバレッジ “甘い”先入観裏切る深田恭子で 「午後の紅茶」 離れを防げ! (075p)
パッケージデザイン消費者調査
・2019年春の人気パッケージ 男性が好むパッケージに“女性化”の波(078p)
マーケティング分析
・5年でこれだけ市場は変わった /シャンプー ・ リンス編(082p)
デザインの小骨話
・独創的な人、変な人(084p)
注目デザインイベント
・♯カンパイ展 ほか(088p)
デザインとはずがたり
・自転車が消えてキックボードが栄える(090p)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2019年8月24日
サイズ
0
原著者
日経デザイン 編