国産ロケットはなぜ墜ちるのかH-?A-開発と失敗の真相

松浦晋也 著  

1,512円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

2003年11月29日、偵察衛星を載せたH-ⅡAロケット6号機は打ち上げに失敗。管制からの指示により上空で爆破された。
本書は今回の失敗の原因を探るとともに、中国の有人ロケットの打ち上げ成功に比べ、未だにめどのたたない気象衛星ひまわりの後継機打ち上げ、火星探査機の失敗等、失点を続ける日本の宇宙開発に気鋭の科学ジャーナリストが挑む。
基本ビジョンの欠如、政府の無理解、貧弱な予算、基本的なプロジェクト管理能力の問題、そして安易なアメリカ追随など正常な開発を妨げる要因を多角的に分析しつつ、これらの問題をこのまま放置すれば、中国ばかりか、インド、韓国に追い抜かれる日も遠くないと警告する。
一回の打ち上げ失敗の裏にひそむ日本の科学行政の「大穴」を白日のもとに曝す渾身のノンフィクション。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2004年2月9日
ISBN
4822243834
ページ数
292
サイズ
四六判
原著者
松浦晋也 著