ブランド王国スイスの秘密

磯山友幸 著  

1,620円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

「スイス300年の平和が何をもたらしたか? ハト時計だけさ」映画『第三の男』のオーソン・ウェルズの名せりふである。が、スイスはその小さな国土、列強に囲まれた地形をものともせず、現在、世界最強のブランド王国である。90年代以降隆盛を極める高級時計ブランドのほとんどはスイスブランド、世界最強の食品会社ネスレ、数多くの医薬品メーカー、化学メーカー、UBSにクレディ・スイス、プライベートバンクをメインとする金融のつわものが居並ぶ。結果、スイスは国民一人当たりの国内企業時価総額ではダントツのナンバーワン。そのうえ治安がよくヨーロッパでは「住みたい国」でもトップ。資源に乏しい人口730万人の小国がなぜ? 本書はスイスに3年、ドイツに2年駐在した日本経済新聞記者が数多くのスイス企業と政府関係者に直接取材し、スイス企業とスイスの強さを「ブランド論」の観点から切り取り、その秘密を明かす。少子化が心配され老人国家と化す日本にとって役に立つブランド国家のケーススタディ、それが本書だ。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2006年2月27日
ISBN
4822245012
ページ数
216
サイズ
四六上製判
原著者
磯山友幸 著