エルピーダは蘇った 異色経営者 坂本幸雄の挑戦

松浦晋也著  

1,620円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

気鋭のノンフィクション作家が、日本唯一のDRAM専業メーカーで知られ
るエルピーダメモリ(株)のCEO坂本幸雄に10時間におよぶインタビューを行い、エルピーダメモリ躍進の秘密に迫る。
 坂本幸雄はもともとは甲子園を目指した高校球児。日本体育大学を卒業後、テキサスインスツルメンツ(TI)の倉庫番からスタートし、その才能を徐々に開花させ、企業再建請負人として現在の地位に登りつめた異色の経営者。
 日立とNECの合弁企業として生まれたエルピーダは、長らく赤字に喘いでいた。しかし、2002年に社長に就任した坂本は経営幹部の入れ替えをはじめに数々の豪腕をふるい、短期間に同社の黒字転換に成功する。韓国をはじめとする海外勢に席巻された半導体業界に、DRAMに特化した戦略で立ち向かう坂本幸雄のユニークな経営手腕の秘密を明らかにする。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2006年7月24日
ISBN
4822245233
ページ数
208
サイズ
四六並製判
原著者
松浦晋也著