10万年の世界経済史 下

グレゴリー・クラーク著/久保恵美子 訳 

2,592円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

「以上の議論は、少なくとも10万年間続いた変化に乏しいマルサス的経済が、近代的経済へ移行したのは、1760~1800年のあいだだったことを物語っている。人類史上ではほんの一瞬ともいえる短いあいだに、この二つの制度間の決定的断絶が生じたかのようにみえるが、このような見方は誤りである」(本書一二章「英国の産業革命」)

日本や中国ではなく、なぜ英国で産業革命が先行したのか。人口の飛躍的な増大、米国などの原料生産国との貿易の活発化などが偶然重なったため、技術進歩のゆるやかな上昇が経済構造の突然の変化に見える、と著者は見る。
経済成長論の外因的成長論、複数均衡説、内因的成長論を検証しながら、文化的、遺伝的「要因」を明らかにしていく手捌きは、推理小説のような知的興奮を誘う。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2009年4月27日
ISBN
9784822247423
ページ数
336
サイズ
4-6
原著者
グレゴリー・クラーク著/久保恵美子