民主主義がアフリカ経済を殺す最底辺の10億人の国々で起きている真実

ポール・コリアー著 甘糟智子 訳 

2,376円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

最貧のアフリカ諸国では、深刻な危機が
なんと民主主義によって増幅されている。
先進国の市民が一様に信じる民主政治の護符「選挙」は、
いかにアフリカ社会を破壊し、疲弊させているか。
世界的に評判を呼んだ『最底辺の10億人』の著者が、
アフリカ大陸における驚くべき逆説を剔抉する。

本書の主張から
 ・国際社会の無理解が、彼らを中途半端な場所へ着地させてしまった。
 ・「選挙」の機能不全を認め、まず経済再建に真剣に取り組むべきだ。
 ・援助におけるダブル・スタンダードこそが必要なときがある。
 ・まともな国家形成には、制度づくりの前に必要な“にがり”がある。
 ・今まで活用されてこなかった暴力装置、「クーデター」を使いこなせ。



正誤表はこちらです。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2010年1月18日
ISBN
9784822247874
ページ数
320
サイズ
4-6
原著者
ポール・コリアー著 甘糟智子