ハイゼンベルクの顕微鏡不確定性原理は超えられるか

石井 茂 著  

1,944円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

 ハイゼンベルクが発見した不確定性原理は、量子力学の一応の完成を告げると同時に、量子力学の物理的解釈をめぐって論争の種をまくことになった。量子力学の数学的定式化はフォン・ノイマンによって達成されるが、このときノイマンは不確定性原理がもたらす量子の観測問題にも手を染めた。量子力学を疑う人々がほとんどいなくなっていったこととは裏腹に、観測問題については「シュレディンガーの猫」「ウィグナーの友人」「EPRパラドックス」などのさまざまな疑問が提出され、長い間にわたって論争が続いてきた。
 量子力学における観測問題を決着させたのは、日本の数理物理学者であった。その新しい観測理論は、ハイゼンベルクの不確定性原理に修正を迫る結果になった。
 本書はハイゼンベルクやシュレディンガーなどのあまり知られていないエピソードをたっぷりと紹介しながら、不確定性原理がいかに発見され、その後いかなる道をたどったかを物語る。

(2012年2月の追記)
 本書の第8章「書き換えられた不確定性原理 -ハイゼンベルクから小澤へ-」の内容は、2012年にウィーン工科大学で実証されました。このページの下にある「立ち読みする」ボタンをクリックすると、第8章全文の無料のPDFをダウンロードできます。ぜひお楽しみください。



正誤表はこちらです。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2006年1月5日
ISBN
4822282333
ページ数
272
サイズ
四六判 
原著者
石井 茂 著