情報時代の見えないヒーロー[ノーバート・ウィーナー伝]

フロー・コンウェイ、ジム・シーゲルマン著 松浦俊輔訳  

3,024円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

「サイバー社会」、「サイバースペース」などの名前の由来であり、現代情報社会に生きるサイバネティックスの創始者、ノーバート・ウィーナー(1894~1964)の生涯を中心とした、20世紀情報サイエンス研究史のノンフィクションです。ウィーナーは知能早熟児として出発し、14歳でハーヴァード大学に入学、18歳で数理論理学の論文で学位をとります。まもなくイギリスに渡りケンブリッジ大学でバートランド・ラッセルから数理哲学と数学を学び、ついでゲッティンゲン大学にも学び、帰米して1919年マサチューセッツ工科大学講師、34年以後同大学の数学教授になります。1930年頃から神経生理学者と共同研究に従事し、計算機械も生物における神経系も同じ構造をもつことを認め、その数学的論理としてのサイバネティックスを創始します。このサイバネティックスは、フィードバックなどのシステム制御で実用化され、その理論はインターネットシステムに発展します。本書では、ウィーナーとジョン・フォン・ノイマン、クロード・シャノン、アラン・チューリングらの情報サイエンスの巨人たちとの交遊を通して、サイバネティックスの今日的意義に迫ります。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2006年12月18日
ISBN
4822283003
ページ数
672
サイズ
四六判
原著者
フロー・コンウェイ、ジム・シーゲルマン著 松浦俊輔訳