大同団結する韓国ディスプレイ業界 日本企業との技術競争力を比較

SBIインテクストラ/テクノアソシエーツ/日経BP知財Awareness  

205,200円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

韓国産業資源部は2007年5月14日、Samsung Electronics Co., ltd.、Samsung SDI Co.,Ltd.、LG Electronics, Inc.、LG.Philips LCD Co., Ltd.とともに、特許協力、共同研究開発の推進などを盛り込んだ「8大相互協力」に合意したと発表した。韓国内での積極的なクロスライセンスの推進、情報の共有化、共同研究開発の推進などを図っていくとする。これにより、韓国ディスプレイ業界の技術競争力の飛躍的に向上する可能性が出てきた。日韓ディスプレイ業界の技術競争力相関図はどのように変化していくのか?日本の主要ディスプレイ・メーカーに韓国連合はどのような影響をもたらすのか?主要部材における日本優位の状況は崩れるのか?これまでの状況と8大相互協力後の状況を分析し、第2次ディスプレイ戦争とも言える状況の行く末を見極める。※本体(バインダー形式)+カラー版CD-ROMのセットでお届けします。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2007年7月6日
ページ数
約 170
サイズ
A4判
原著者
SBIインテクストラ/テクノアソシエーツ/日経BP知財Awareness