世界を救う7人の日本人国際貢献の教科書

池上彰 編著 

1,512円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

これまで、国際貢献は一般の日本人にとても遠い存在だったが、近年、テレビや新聞でも大特集しているように、アジアやアフリカなど途上国の経済発展や各国の経済進出、その裏にある貧困や食料やさまざまな紛争について急激に報道量が増えている。アジアやアフリカの途上国の発展に、欠かせないのが先進国の国際貢献。水、医療、食料、戦争処理、教育、経済の6つの分野のインフラづくりを、JICAをはじめ日本の公的機関やNGO、ボランティアの方々が赴き、国際協力の現場で毎日奮闘している。ところが、これまでこうした国際貢献の問題をクリアに語ったわかりやすい解説書や教科書は存在しなかった。いま国際問題、経済問題を解説させたら「日本一わかりやすく」「日本一売れる」ジャーナリスト池上彰さんをほかにおいてない。本書は、JICAの国際貢献事業を紹介する目的で、昨年1年間、池上彰さんをナビゲーターにスーダンやウガンダの現地にまで足を運んで専門家に直接インタビューしたコンテンツがベース。6つのインフラを日本の専門家が中心となってどうやって途上国で整備していくのか、国際貢献の現場と仕組みとそこで働く人々の熱意がわかりやすく学べるビジネスパーソンのための「国際貢献の教科書」。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2010年10月18日
ISBN
9784822201838
ページ数
248
サイズ
4-6
原著者
池上彰