不動産マーケットはこうして勝ち抜く回復めざす市場における処方箋

三菱UFJ信託銀行 不動産コンサルティング部 著/日経不動産マーケット情報 編  

2,160円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

リース会計や時価評価などの制度変更、金利上昇で市場はどう変わる?
変わりゆく不動産市場で賢く立ち回るヒントがここにある!



【主な内容】

はじめに
 日本の不動産マーケットは決して暗くない


第1章 長期下落という現実のなかで
1 長期下落基調と続く金余り
  実体経済はデフレという現実/1990年からの経済成長と金融政策

コラム 引き潮でも波は立つ

2 不動産マーケットを左右した要因~55年間の推移から~
  4回にわたる価格上昇
3 人口構成、外需シフトが招いた下落
  バブル崩壊後の牽引セクターの交代/少子化と金余り現象/現地化が進む現地法人
4 成長はなくても安定はある
  実体経済を超えて変化する不動産市場/日本の不動産市場は世界のなかでも安定している
5 楽観と悲観が交錯する市場
  豊かな国ではなくなった日本/消費する不動産から「蓄積する」不動産へ
6 不動産マーケットを予想する意味
  「長期の基調」と「短期の波」の区別/理屈だけでなく「観測」がなければマーケットは読めない

コラム J-REIT再編の軌跡

第2章 変化する不動産市場
1 住宅:需要は「マイホーム」から「シニア」へ
  住宅取得需要は低下している/高齢者には専用の住宅が必要
2 商業施設:低価格化とレジャー化進む
  低迷する消費/代表的な商業地でも二極化進む
3 物流施設:ストックセンターからロジスティクスセンターへ
  物流施設の変化と再編進む物流業界/背景にある顧客ニーズの変化/時代が求める物流施設
4 オフィス:本格的な競争市場の到来
  悪化に転じたオフィス市場/二つの競争/市場変化に対応するためには
5 ホテル:可能性を広げるビジネスホテル
  利用客の変化でホテル開発が活発に/投資対象としてのホテル
6 公的不動産:自治体にも不動産戦略が必要に
  手引書が作られた公的不動産戦略/民間マーケットに影響を与える公的不動産

コラム 指標からみる不動産


第3章 世界のなかでの日本の不動産
1 私たちの知る日本の不動産市場
  日本の不動産市場の強みとは/世界のなかのTokyo
2 外側から見た日本の不動産市場
  評価と投資は一致しない/海外投資家の戦略の違い
3 海外進出する日本企業
  新たな消費市場を求めて/新しいタイプの開発事業へ参画


第4章 プロの戦略を見て知る不動産マーケットの本質
1 正当性を増す短期投資のスタイル
2 プレッシャーから投資をやめられないプロ
3 不動産価格の天井と底のシグナルを読み取れるか
4 長期投資の意義は分散と開発にある
5 「長期」「短期」以外のビジネスチャンスもある

コラム 金融と不動産


第5章 明日の不動産マーケトを勝ち抜くヒント~企業の不動産戦略への処方箋~
処方箋1 マーケットの変化を戦略的に活用する
処方箋2 オフィス移転・効率化はマーケットが低迷時に進める
処方箋3 自社ビルや事業用地の取得はマーケット低迷時に
処方箋4 不動産売却はマーケット好況時に
処方箋5 不動産の保有と賃借の違いを知る
処方箋6 制度変更で保有と賃借の垣根が低くなる(リース会計と資産除去債務)
処方箋7 賃貸等不動産時価開示の動きを知る
処方箋8 環境対応にも目配りを

コラム 個人が不動産を持つ意味を考える


おわりに
オーナーとユーザーのどちらも元気なマーケットに向けて

索引
執筆者紹介

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2011年2月28日
ISBN
9784822224431
ページ数
264
サイズ
A5
原著者
三菱UFJ信託銀行 不動産コンサルティング部 著/日経不動産マーケット情報 編