電気自動車年鑑2012世界のEV導入政策とV2G関連特許分析

調査:日経BPコンサルティング/日本技術貿易 IP総研  

131,657円

  • 全て税込み表示です

通常、3~7営業日でお届けします

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

◆日本と世界の過去1年のEV/HEV/PHEV開発動向がこの1冊でわかる
◆政府・自治体・企業のV2Gプロジェクト動向を網羅
◆自動車メーカー、部品メーカーのV2G戦略を特許から分析
◆IT/ネットワーク、家電、住宅メーカーのEV戦略を特許から分析

電気自動車(EV)やプラグイン・ハイブリッド車(PHEV)の市場が急速に立ち上がりつつあります。これらの次世代車が普及すると、いわゆるV2G(Vehicle to Grid)、V2H(Vehicle to Home)と呼ばれる考え方が現実味を増します。2012年版の「電気自動車年鑑」は、こうしたV2G/V2Hにフォーカスを絞って、政府や企業の動き、関連する特許分析などを掲載しました。

第1章は、日本と世界の政府によるEV/HEV普及政策や、地方自治体や民間グループによるV2G、V2Hの実証実験などの情報を整理しました。第2章では、世界各国で出願されたEV/HEV関連特許を分析し、要素技術ごとに主要企業の研究活動、技術戦略などを探っています。日本技術貿易 IP総研の協力により、豊富な図表とわかりやすい文章で、100ページ以上の分量を割いて解説されています。第3章は、日経Automotive Technologyや日経エレクトロニクスなど、日経BP社の取材網を駆使して収集した世界の電気自動車、ハイブリッド車、Liイオン2次電池メーカーなどの過去1年間の開発動向をまとめています。

〔付録:PDFデータ収録CD-ROM〕

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2011年12月26日
ISBN
9784822227456
ページ数
360
サイズ
バインダー形式(A4変型判)
原著者
調査:日経BPコンサルティング/日本技術貿易 IP総研