職場&働き方 未来予測2014

日経ビジネス 編 

700円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

グローバル競争の激化とともに、企業の破綻やリストラは当たり前になりました。しかも、生産性の向上という号令の下、ホワイトカラーの業務負荷は増すばかり。グローバル化で業務の一部が新興国に移ることを考えれば、代替可能な仕事に賃金の下方圧力がかかることは間違いありません。

本書は、大きく変わっていく職場や働き方の将来像を予測し、まとめたものです。第1章では「職場未来予測」と題して、定年延長で増える元上司や積極的な登用が見込まれる女性社員、これまでの教育が通用しにくくなっている若手社員、ホワイトカラーの仕事を奪い始めたロボットへの対処法を見ました。続く第2章では、崩壊し始めた中間層の現状と、彼らを襲うリストラの大波をデータとともに描き、第3章では、(1)組織で生き残る、(2)組織にしがみつく、(3)組織の外に出る、(4)組織をあきらめる--という4つの軸で必要なスキルを分析しました。

これまで多くのビジネスパーソンが「会社」という幹に寄りかかって人生を設計してきましたが、その幹は年々細くなっています。新しい働き方を考えるきっかけやヒントにしていただければ幸いです。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2013年11月13日
ページ数
160
サイズ
A4変
原著者
日経ビジネス