建てる前に読む 家づくりの基礎知識

日経アーキテクチュア 編 

1,944円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

電子書籍は日経ストア

内容紹介

家づくりで重要な6分野(省エネ、法規、木、ディテール、構造、設備)
の第一人者が講師となり、一問一答の“個人授業”の形で、
専門用語の意味とその背景を、イラストをふんだんに用いながら解説します。

「なんとなく」だったそれまでの知識が「そうだったのか」に塗り替わる、
家づくりの必読書です。
タイトルの通り、これから住宅を建てる方、購入する方、リフォームする方
はもちろん、住宅設計者や工務店の方にもお薦めの一冊です。



【本書の主な内容】
第1章 省エネの基本 <講師:東京都市大学教授 宿谷昌則氏>
 講義1 断熱性を高めると快適さが増すわけは?
 講義2 断熱指標の理解は数式だけでなく体で
 講義3 混同しがちな断熱と遮熱の役割
 講義4 気密性を高めるのは何のため?
 講義5 省エネの注目技術、「ヒートポンプ」とは?
 講義6 改正省エネ基準で知っておくべきことは?

第2章 木造住宅 <講師:Ms建築設計事務所 三澤康彦氏、三澤文子氏>
 講義1 木造住宅は今…まずは現状を整理する
 講義2 国産材を使うと建設費は高くなる?
 講義3 「適材適所」の基本は木の部位を知ること
 講義4 乾燥を知ると分かる適材適所の意味
 講義5 架構と間取りは一体で発想すべし
 講義6 木と木は強く組め! 接合は木造の命
 講義7 金物は接合の名脇役、材質やサイズが重要
 講義8 伝統的な壁の耐力が見直され始めた
 講義9 壁の断熱性向上は内部結露に要注意
 講義10 床や屋根が弱いと力が壁に伝わらない
 講義11 木造住宅に対する2つの誤解を解く

第3章 住宅の納まり <講師:伊礼智設計室 伊礼智氏>
 講義1 標準化は品質の要、まずは「壁」を考える
 講義2 部位間の「見切り」が空間の質を左右する
 講義3 開口部は建具よりも引き手や金物で差
 講義4 玄関は守りの要、侵入を確実に防ぐ
 講義5 階段は小さく機能的に、主役扱いは本末転倒
 講義6 キッチンは主張せず空間とのバランスで
 講義7 浴室とトイレは安全・換気が最重要
 講義8 屋根は形よりも軒先の印象で変わる
 講義9 外壁のコストは耐久性込みで検討を
 講義10 住宅の可能性開く「窓の外」との関係

第4章 住宅の設備 <講師:yamada machinery office 山田浩幸氏>
 講義1 給水方式や水道口径は新築時の重要検討事項
 講義2 こんな給水・排水配管は「やってはいけいない」
 講義3 真の省エネは機器の正確な理解から
 講義4 機器に詳しくなる建て主、プロは本質見て判断を

第5章 住宅の構造 <講師:小西泰孝建築構造設計 小西泰孝氏>
 講義1 木造、S造、RC造…住宅ではどう選ぶ?
 講義2 荷重と水平力とは? 「力の基本」を知る
 講義3 S造住宅のコストは鉄骨の断面で決まる
 講義4 S造は他の構造より精緻さが問われる
 講義5 RC造は現場第一、多くの目で確認を
 講義6 混構造は多種多様、揺れの違いに注意
 講義7 混構造=適判は誤解、視野を広げ可能性開け

第6章 住宅の法規 <講師:ビューローベリタスジャパン 本多徹氏、草刈直子氏>
 講義1 建築基準法の成り立ちと基本を知る
 講義2 建築確認と完了検査、何をどう審査する?
 講義3 意外に知らない「地域地区」の全体像
 講義4 建築確認だけではない地域地区関連の申請
 講義5 建蔽率と容積率、含まれるのは何?
 講義6 接道は建築の大前提、見た目で判断しない
 講義7 敷地境界と建物の関係、もめないルールは?
 講義8 性格異なる高さ制限、北側斜線が最も厳格
 講義9 居室の条件を守って思わぬトラブル回避
 講義10 室内に潜む危険、手すりを甘く見るな
 講義11 本格的な増改築は検査済証が大前提


商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2014年9月22日
ISBN
9784822274948
ページ数
336
サイズ
A5
原著者
日経アーキテクチュア