企業に広がる 都市の木づかい都市と森、地域の経済をつなぐ50事例

国土緑化推進機構/日本プロジェクト産業協議会(JAPIC) 監修  

2,376円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

地方創生に寄与するオフィス、店舗、まちづくり分野における最新事例を豊富な写真で紹介!

地域が身近に有する資源をいかに有効に活用するか。いま、国士の保全に加えて、地域の資源を有効に活用することが、地域の創生にとって極めて重要なテーマになっています。
特に森林は国土の面積の約7割を占める資源であり、今や、戦後の人工造林の成果として、その人工林の木材の多くが、商品化されてマーケットに送り出せる最適な時期を迎えています。

国産材の利用拡大に向け、国は2005年から「木づかい運動」に取り組んでいます。これまで、地域の活性化を図り、地球温暖化防止のため、二酸化炭素(C02)を吸収・固定し、排出量削減に寄与する取り組みとして進めてきました。
一方、建築基準法における性能規定化によって、2000年代からは中高層建築物における木材利用の道が開かれて技術開発が進展するとともに、公共建築物等木材利用促進法の制定などによって、公共施設における木造化や木質化が定着してきています。
さらに、「林業の成長産業化」に軸足を置きながら、大消費地の都市部においても民間企業による国産材を用いた木造化・木質化の取り組みが進みつつあります。
現在、経済界が中心となって、「森林復活・地域創生を推進する国民会議」が発足し、活発に活動を進めているのも、その代表的な表れです。

本書は、木づかい運動を積極的に後押しするために、主にオフィスや商業施設など、民間における斬新で先導的なプロジェクトを取り上げ、国産材を利用した木質空間が従業員や顧客に生み出す様々な価値を紹介しました。
さらに、企業の経営者や設計者をはじめとした関係者が、国産材利用のイメージを膨らませ、具体的な検討の参考となるように、民間の最新事例とともに、公共施設やまちづくりに関わるコミュニティ施設などの事例も紹介しています。

【主な内容】
●オフィスの木づかい
『もてなすオフィス -接客・共用』
 京都銀行吹田支店/三井不動産/セントラルユニmashup studio/三井物産本社/北見信用金庫紋別支店
『潤すオフィス -執務・福利厚生』
 ブリヂストン本社食堂/高輪フォーラム・高輪ハウス/アカツキ東京本社 第2期フロア/内田洋行 本社、北海道支店/アスクル本社 ASKUL live market center/四万十庁舎
『豊かな都市の森 -外装・内装』
 日本圧着端子製造/木材会館(東京木材問屋協同組合)/大阪木材仲買会館(大阪木材仲買協同組合)/第15長谷ビル/ウッドスクエア(ポラテック)/静岡ガス本社ビル

●商業施設の木づかい
『誘いの商空間 -物販』
 SunnyHills at Minami-Aoyama/東京ソラマチ イーストヤード4階「ジャパン スーベニア」/オンワード・リユースパーク/LUSH岡山一番街店/サウスウッド(横浜都市みらい) ほか
『憩いの商空間 -飲食・医療』
 100本のスプーン あざみ野ガーデンズ店/スープストックトーキョー ルミネ新宿店/スターバックス コーヒー太宰府天満宮表参道店/はとばキッチン/居酒屋 わったい菜/野菜倶楽部oto no ha Cafe/藤田歯科医院 ほか
『迎える商空間 -宿泊・観光』
 セトレマリーナびわ湖/箱根山テラス/神門通りおもてなしステーション/広島ワシントンホテル/こうち旅ひろば

●コミュニティ施設の木づかい
『地域のターミナル -交通』
 JR九州 日向市駅/JR北海道 旭川駅/函館空港 HakoDate HaLL、Hako Date Hiroba/土佐くろしお鉄道 中村駅/秋田空港ターミナルビル
『コミュニティの象徴 -地域』
 あきゅらいず美養品「森の楽校」「森の食堂」/東京おもちゃ美術館「赤ちゃん木育ひろば」/オガールプラザ/鶴ヶ島太陽光発電所 環境教育施設「eコラボつるがしま」/東部地域振興ふれあい拠点施設「ふれあいキューブ」

●都市と森をつなぐ『木づかい』の動向と知識

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2015年4月13日
ISBN
9784822200442
ページ数
104
サイズ
A4
原著者
国土緑化推進機構/日本プロジェクト産業協議会(JAPIC) 監修