日経エンタテインメント!2015年5月号増刊 ワイド版

日経エンタテインメント! 編 

750円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

※お知らせ※
「日経エンタテインメント!5月号臨時増刊 ワイド版」は、
たくさんのご注文を頂戴したため品切れとなりました。




※ 通常版と内容は同じで、サイズ、構成、定価が異なります。

【表紙・インタビュー】 東方神起<インタビュー・研究・ライブレポート+ピンナップ>
 まだ夢の途中 サクラ咲く日本で次の10年への門出を誓う

 日本デビュー10周年を迎える東方神起が、日本での活動が2人にもたらしたもの、最新曲やライブ、
 今後の展望などを語る独占ロングインタビュー、ライブレポート「進化する東方神起ライブ」、
 研究「舞台裏から見た東方神起と目指す“次のステージ”とは?」

【新連載】 メンバーが語るAKB48 10年史
 12月8日に10周年を迎えるAKB48。1期生から順に、メンバーが自身の10年を
 振り返るリレー連載がスタート。
 第1回 高橋みなみ×小嶋陽菜×峯岸みなみ"1期生座談会"

【新連載】 アニメ映画新時代に挑む!細田守とスタジオ地図の仕事
 『おおかみこどもの雨と雪』(2012年)の成功で日本アニメーション映画をけん引する
 新時代の代表となった細田守監督。新作『バケモノの子』の公開を控え、細田と、彼を支える
 「スタジオ地図」の仕事を通じて、アニメ制作の未来を考える。

【インタビュー】 大島優子 アイドルだった感覚を殺して切り拓く“女優”として生きる道
 映画『紙の月』で各種映画賞を受賞、ドラマ『銭の戦争』でヒロイン役、
 『ヤメゴク』で初主演など、AKB48卒業後のキャリアは順調。基本的に女優1本で、
 しかもAKB48時代とは違う、陰のある役柄が中心。アイドルから女優へと転身した、
 この1年の苦労と手応えを聞く。

【インタビュー】 しょこたん♥でんぱ組 オタク文化の先駆者とトップランナーが合体
 元祖アキバ系の中川翔子と新興アキバ系のでんぱ組.incがコラボしてシングル2枚を出す。
 合体の経緯と理由を、本人たちが語る。

【インタビュー】 miwa 女優業にも進出し活動の幅が拡大 20代トップ女性シンガーソングライター
 アリーナツアー、紅白連続出場を経て今年デビュー5周年を迎えた。
 日本を代表するシンガーソングライターへと歩む彼女の向かう先は?

【特集】 テレビ・芸能界・音楽・映画・アニメ・・・ エンタ業界の大疑問100
 ◆人気男優はなぜ一般人女性と結婚するのか?
 ◆一番長い時間CMにでているタレントは誰?
 ◆アイドルグループのキャプテンの仕事って?
 ◆たくさんある映画賞、それぞれの違いは何?  など

【スペシャルリサーチ】 お笑い芸人人気ランキング2015
 「好き」「嫌い」「ブレイク」「消える」を全国男女1000人がネット投票でランキング。
 今年は「地方」「非MC」「リズム・歌ネタ」芸人に勢いあり!

【特集】 新ドラマ&バラエティ テレビ春改編ガイド
 木村拓哉、堺雅人、相葉雅紀ら魅力的な男優陣が並ぶ新ドラマで見るべきは?
 大改編を断行するフジほか、各局の編成戦略を探る。
<インタビュー>斎藤工、佐藤健、黒木華、鈴木亮平

【特集】 絶好調ディズニーの『シンデレラ』、『名探偵コナン』vs.『ドラゴンボール』のアニメ対決
 GW興行を制する“本命映画”はどれだ?

 2014年を席巻した『アナ雪』、年末年始を制した『ベイマックス』に続き、絶好調ディズニーが放つ
 実写版『シンデレラ』、毎年GWに公開され、昨年最高興収40億円超を記録した『名探偵コナン』に、
 13年復活を遂げた『ドラゴンボール』が激突…例年に増して大型作品がそろうGW映画の見どころを
 総まくり。

【特集】 海外ドラマ最前線 キーワードで読む上半期の話題作は?

【インサイド・レポート】
 ◆日本刀擬人化ゲームがヒット 10~30代の女性がのめり込む
 ◆AKB48、ももクロ、モー娘… アイドルが演劇へと挑む理由 ほか

【インタビュー】 吉田羊(邦画)/タブレット純(バラエティ)/中条あやみ(CM)/
 伊東歌詞太郎(邦楽)/坂本真綾(声優)/真保裕一(本)

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2015年4月4日
ページ数
134
サイズ
A4大型変型判
原著者
日経エンタテインメント!