ひび割れトラブル完全克服法コンクリートの新知見

閑田徹志 著 

4,104円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

電子書籍は日経ストア

内容紹介

必読!最新のコンクリート研究の成果

コンクリートのひび割れは、漏水やタイルの落下と並んで建築界の3大トラブルと言われ、建築主からのクレームが跡を絶ちません。設計者や施工者にとっては頭の痛い切実な問題です。本書は、日経アーキテクチュア誌上で2年間にわたって連載し、好評を博した内容を1冊にまとめたもので、ひび割れを抑えるための効果的な対処法を、発生メカニズムに基いて解説しています。ひび割れが発生しやすい場所はどこか。1年を通じて、ひび割れが発生しやすい季節はいつか。ひび割れリスクを抑えるには、どんな方法が効くのか。建築実務者に役立つ情報が満載です。

≪主な内容≫
CHAPTER 1 ひび割れ対策は、本数と幅の制御が基本
CHAPTER 2 誘発目地が効かない? 理由と対策を徹底解説
CHAPTER 3 かぶり厚さの確保は、品質維持の生命線
CHAPTER 4 リスクを左右する生コンの乾燥収縮率
CHAPTER 5 床スラブはひび割れ多発箇所
CHAPTER 6 誤解だらけの温度ひび割れ対策
CHAPTER 7 悪条件が重なる夏の打設に要注意
CHAPTER 8 環境に優しい高炉セメントを利用
CHAPTER 9 選択肢が広い混和剤、適材適所で有効活用

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2015年8月31日
ISBN
9784822200527
ページ数
154
サイズ
A4変
原著者
閑田徹志