RESASの教科書 リーサス・ガイドブックあの街はなぜ賑わうのか データが地方創生を加速する

日経ビッグデータ 編 

2,916円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

ビッグデータを活用した地域経済の見える化システム
「RESAS(リーサス:地域経済分析システム)」の使い方、活用法を徹底解説


 RESASは、内閣官房(まち・ひと・しごと創生本部事務局)および経済産業省が開発・運用
している無料のデータ分析サービスです。地域の「経済」「観光」「人口」などのデータを
約50のマップで可視化し、戦略立案の参考にすることができます。

 パソコンを利用して数クリックで手軽にビジュアライズできるため、データサイエンティストが
いなくても多種多様な分析が可能です。地方自治体の意思決定支援のツールとしてはもちろん、
市民による政策アイデアの創出、企業におけるビジネス戦略の策定などにも幅広く使われ始めています。

 ただし、多種多様なマップを活用するにはコツが必要です。そこで本書では、RESASの基本的な
使い方から、政策やビジネスでの活用の実際について、有識者の解説を交えて紹介します。

★自治体や企業、市民講座におけるRESAS習得の研修テキストとしても最適です。
 RESAS開発の背景→各マップの説明→活用事例の説明→他のデータとのマッシュアップ→
 ワークショップの実行、まで一連の流れで収録しています。教材をカラーで大量に印刷したり、
 製本したりなどの手間が必要なくなります。


「RESASは、日本の競争力を取り戻すためのツールである」
--前地方創生担当大臣 石破 茂氏


【本文執筆者】
 日経ビッグデータ編集部
 おたに 代表取締役 小谷 祐一朗氏
 金沢大学 国際基幹教育院GS教育系講師 松浦 義昭氏
 Code for Tokyo 代表 矢崎 裕一氏
 Code for Tokyo 副代表 榎本 真美氏

【コラム執筆者】
 NHK 報道局 遊軍プロジェクト ディレクター 阿部 博史氏
 リクルートホールディングス Recruit Institute of Technology(RIT)推進室 室長 石山 洸氏
 品川女子学院 学校長 漆 紫穂子氏
 事業構想大学院大学 客員教授 DMO推進機構 代表理事 大社 充氏
 尾畑酒造 専務取締役 尾畑 留美子氏
 東京大学 工学系研究科 教授 坂田 一郎氏
 統計家 西内 啓氏
 慶応義塾大学 商学部 教授 樋口 美雄氏

【主な内容】
 巻頭言 前地方創生担当大臣 石破 茂氏
 1章 RESASで発見できること
 2章 RESASマップ総覧
 3章 自治体・地域の分析事例集
 4章 Excelで簡単にできる統計解析
 5章 教育現場における活用の実際
 6章 地元でワークショップを開こう
 7章 進化を続けるRESAS
 8章 活用を加速するオープンデータ集
 寄稿 RESAS誕生秘話 前 内閣官房ビッグデータチーム長代理 早田 豪氏
 巻末 RESASデータ一覧

※現時点での予定です。変更となる場合があります
※RESASは常にサービスやデータが更新されています。本書では、2016年9月30日に追加された
 RESASの新しいマップについて、PDFでの情報提供を始めました(本書内に記してあるダウンロード
 サイトをご覧ください)。また、今後2016年中に追加された場合にも同様に提供いたします。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2016年9月5日
ISBN
9784822236601
ページ数
192
サイズ
B5
原著者
日経ビッグデータ