3分で読める ビジネスキーワード&重要ニュース50世界の動きを基礎から学ぼう

日経ビジネス 編 

980円

  • 全て税込み表示です

大変申し訳ございません、在庫切れもしくは完売・絶版となっております。

内容紹介

難しい経済ニュースがまるわかり!
経済誌「日経ビジネス」のニュースの入門編コンテンツ、「日経ビジネスベーシック」が、今さら聞けないけど、今知っておきたいキーワードとニュースをピックアップ!


情報収集に、営業トークに、社内コミュニケーションに、知識として身につけておきたい基本的なトピックスやキーワードを分かりやすく解説した若手ビジネスパーソン向けのムック。
IoT(モノのインターネット)やAI(人口知能)、フィンテック、シェアリングエコノミーなど、経済構造の変化や技術革新とともに、様々なキーワードが生み出されています。それらの意味や背景を大づかみにして、まずは使える知識にしておくための役立ちガイド。キーワードの解説だけでなく、経済ニュースの「そもそも」が分かる背景説明や、身近なお金の動きから世の中の仕組みを理解する経済解説まで、楽しく読めるようになっています。

■2017年の経済ニュースが面白くなる「予習ワード」はこれだ
明治大学政治経済学部准教授/飯田泰之氏(インタビュー)

■ビジネスワード、3ポイントで速攻理解
IoT/シェアリングエコノミー/フィンテック/同一労働同一賃金/AI/オープンイノベーション/ダイバーシティ/確定拠出年金/タックスヘイブン/ヘリコプターマネー

■注目ニュースの「そもそも」をすっきり解説
なぜ日銀は「2%の物価上昇」を目指すのか/英国でEU離脱問題が燃え上がったわけ/日本は「借金漬け」なのにお金を貸せるのか/なぜ「所得税」とは別に「消費税」を徴収するのか/

■日経会社情報を徹底活用!5分で読める注目企業分析
任天堂/ソフトバンクグループ/シャープ/パナソニック/日産自動車/富士重工業/ファーストリテイリング/ニトリホールディングス/クックパッド/キーエンス

■身近なお金で勉強する「お財布の経済学」
一生の支出は1億円以上/ここが違う「正規」と「非正規」/意外と少ない給与の手取り額/払った税金を返してもらう方法/国民年金と厚生年金は趣旨が違う/株式投資クラブのような「投資信託」 ほか

■壇蜜の知りたがりビジネス最前線

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2016年12月8日
ISBN
9784822236854
ページ数
130
サイズ
A4変
原著者
日経ビジネス