SCSKのシゴト革命業務クオリティ向上への取り組み

日経BP総研 イノベーションICT研究所 著 

1,620円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

電子書籍は日経ストア

内容紹介

「残業しなくても儲かる」理由
SCSK「働き方改革」の舞台裏


 長時間労働が常態化しているIT業界において、大手システム開発会社のSCSKは「働き方改革」の先進企業として知られる。
2011年10月に中堅の住商情報システム(SCS)とCSKの中堅2社が経営統合して誕生した同社は月平均残業時間が20時間以下を達成。しかも発足以来5期連続増収増益を記録。
直近の2016年度(2017年3月期)には、本業の儲けを示す営業利益率が優良企業の目安とされる10%を超えるなど、M&A(合併・買収)の失敗例が多いIT業界では数少ない例外となっている。

 SCSKの高い利益率を支えているのは、赤字案件を減らすための各種施策であり、そのための構造改革・意識改革である。
赤字案件を撲滅するためには、仕事の「質」、すなわち「業務クオリティ」を高めるしかないとの信念に基づき、仕事のやり方や社員の意識を徹底的に変革した。
業務クオリティを向上させるために、標準化や見える化をはじめとする様々な仕組みを整備すると共に、経営からライン職、現場に至る全社員の意識改革に取り組んだ。しかも、その取り組みを6年間、粘り強く愚直に継続した。

 SCSKの「働き方改革」の舞台裏にあった、知られざる業務クオリティ向上への取り組みを追った。

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2017年11月6日
ISBN
9784822259594
ページ数
200
サイズ
4-6
原著者
日経BP総研 イノベーションICT研究所