ももクロ改

川上アキラ 著 

1,500円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

「この4カ月のことを忘れちゃいけない」
百田夏菜子がぼそりと呟いた言葉がすごく印象に残っています。

(本書より)

2018年1月21日、記念すべき10周年を目前にして
4人での再スタートを余儀なくされたももいろクローバーZ。
次々と予定されているライブに向け、歌割と振り付けを作り直した楽曲は、
「春の一大事」までの3カ月で実に40曲に上った。

結成以来最大のピンチに彼女たちは何を考え、どうやって逆境を乗り切ったのか。
4人の最も近くにいる川上アキラが、あの1月21日から東京ドーム公演までの
4カ月を振り返る。さらにメンバー、スタッフへのインタビューも交えて、
“新生ももクロ"誕生の舞台裏を明かす。

Part1●川上アキラが語る舞台裏 「波乱の10周年 激動の4カ月」
大ピンチを救ったのはメンバーの自主性
結成10年目で最も忙しかった毎日
この4カ月のことを忘れちゃいけない

Part2●メンバーーインタビュー&対談「4人が語った 覚悟と希望」
百田夏菜子
[インタビュー]1曲目の『怪盗』ではデビュー時の気持ちを思い出しました
[対談]10年たった今もリーダーは向いていると思えません

玉井詩織
[インタビュー]何とかなる精神が身についているから不安はないです
[対談]ももクロには「こうでなきゃいけない」ものなんてない

佐々木彩夏
[インタビュー]『怪盗』のイントロはフルネームのコールになりました
[対談]10周年はすべての曲と向き合ういい機会に

高城れに
[インタビュー]4人になっても私たちの根本は変わりません
[対談]4人で作るステージを早くみんなに見てほしい

Part3●“チームももクロ"たちの証言「ピンチで分かった 4人の真価」
宮本純乃介(キングレコード ももいろクローバーZ チーフディレクター)
岡田実音 (ボイスメイキングディレクター・作詞・作曲家)
Anna(コレオグラファー)

Part4●新生ももクロ緊急座談会「逆境で気づいた自分たちらしさ」

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2018年6月4日
ISBN
9784822256838
ページ数
約 200
サイズ
四六判
原著者
川上アキラ