50歳の衝撃 はたらく僕らの生き方が問われるとき

山本直人 著 

1,404円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

人生100年時代。その中で「50歳」はちょうど折り返し地点です。
まだ半分も「生きる」時間は残っています。
けれど、50歳を目の前に、若い頃にはたくさんあるように思えた選択肢が、
歳を重ねるにつれて、減っていくように感じている人も多いのではないでしょうか。
「50歳」。あなたはここでどんな決断をし、どんな行動を取るのでしょうか。
そして、そこに「正解」はあるのでしょうか。

本書では、様々なビジネスシーンで見聞する事実をベースに、25の葛藤物語を描いています。
どれも50歳前後のミドル世代が直面しやすい、人生を左右する「衝撃的な経験」ばかり。
他人から見たら、たわいもない出来事に感じる話もあるかもしれません。
けれど、どれも現実に自分が直面したら、そう簡単には解決できないのではないでしょうか。
50歳前後で多くの人が、「これからどう生きる?」という人生の課題を改めて突き付けられています。
会社の方針転換についていけずに右往左往し、本意とはいえない職場に異動する人もいるでしょう。
部下の育成に頭を悩ませる一方で、経営陣から強力な目標達成のプレッシャーをかけられる人、
自分の健康に不安を抱える中で、子育てや介護といった家族の問題に奮闘する人もいるはずです。
順風満帆な人は一握りに過ぎません。多くの人は、50歳を迎えて、「自らの未来」があまりにも茫漠と
していることに気づき、そして立ちすくんでいます。
けれど、50歳前後で受ける様々な“衝撃”は、実は貴重な経験でもあるはずです。
そこで生まれた「葛藤」や考え抜いたうえでの「決断」は、必ず明日の糧になります。
50歳になった人にも、これからなる人にも、本書を読めば必ず、何かの力を得ることができるはずです。

≪主な内容≫
【第1章】 働き方を変える
【第2章】 キャリアを振り返る
【第3章】 ゼロからの再出発
【第4章】 出世は運か実力か
【第5章】 部下を育てる
【第6章】 仕事と家庭
【第7章】 “今”を生きる

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2018年8月13日
ISBN
9784822292539
ページ数
264
サイズ
四六判
原著者
山本直人