都市木造デザイン大全~構造や防耐火から接合部のディテールまで

安井昇・日経アーキテクチュア(共著)、日経アーキテクチュア 編 

4,536円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

中大規模建築から都市住宅までカバー。
防耐火の第一人者が実例を通して徹底解説!


日経アーキテクチュア掲載の木造特集や最新プロジェクト紹介欄から、主要な物件約30件をピックアップ。ディテール図面などを拡充し、ここ5年の木造建築のデザインの流れをまとめました。併せて、「防耐火」の専門家・安井昇氏による連載記事を再録し、法規制の動きも収めています。このほか、木造建築を支える構造家へのインタビューを収録。木造建築の構造や防耐火から、架構や接合部のディテールまで、デザインに関する最新の動きが丸わかりの1冊です。

■主な内容
PART1:進化する中大規模木造
 住田町役場(2014年)/南陽市文化会館(15年)/京都木材会館(16年)/富岡商工会議所会館(18年)/大船渡消防署住田分署(18年)/由布市ツーリストインフォメーションセンター(18年)

PART2:製材利用で斬新な空間
 和水町立三加和小中学校(2013年)/道の駅あいづ 湯川・会津坂下(14年)/東松島市立宮野森小学校(16年)/熊本県総合防災航空センター(17年)/小林市新庁舎(18年)/柳小路南角(18年)

PART3:混構造やCLTなどに注目
 静岡県草薙総合運動場体育館(2015年)/ATグループ本社(15年)/大分県立美術館(15年)/道の駅ましこ(16年)/国分寺フレーバーライフ本社ビル(17年)/みやむら動物病院(15年)/高知県森連会館(16年)/高知県自治会館(16年)/ティンバードテラス(17年)/仙台市泉区高森2丁目プロジェクト(仮称、19年)

構造設計者の視点:
 山田憲明氏(山田憲明構造設計事務所)
 稲山正弘氏(東京大学大学院教授、ホルツストラ)

PART4:防耐火の法規と技術を知る
 延焼対策/防耐火の規制/木造を現す/開口部や内装の木質化/燃えしろ設計/被覆材を使う/木造集合住宅の心得/内装制限に注意ほか

PART5:都市住宅を攻略する
 下馬の集合住宅(KUS、13年)/赤羽の集合住宅(ティンバーハウス)(14年)/4つの柱(15年)/市松模様の家(15年)/まち「なかの」まどり(16年)

詳しくはこちら

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2018年11月26日
ISBN
9784296100910
ページ数
248
サイズ
A4変
原著者
安井昇・日経アーキテクチュア(共著)、日経アーキテクチュア