GAFAの成長戦略分析MaaS、IoTデバイス、SaaSはこう変わる

日経BP総研 クリーンテック ラボ 調査 

216,000円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

Google、Apple、Facebook、Amazonの成長戦略を徹底分析!

グローバルInternet Giants企業のGAFAは、2010年代中頃からR&D投資を急拡大させ、Amazonは2016年にグローバル企業のR&D支出のトップを占めました。 GAFAはConsumer向けモバイル機器の普及とInternet Serviceを牽引して売り上げ・収益の急成長を実現してきました。

GAFAはAI Machine Learning、Vision Computingを次世代の事業開発のコア技術として位置づけ、Internet Serviceのコア事業領域、ならびに、IT業界、自動車業界、エレクトロニクス業界で、AIベースの新しい業界ディファクト標準、製品・サービスのエコシステムを構築しています。

本レポートでは、GAFAが蓄積してきた技術・事業資産の分析に基づき、GAFAのAI技術の開発動向と、IT業界、自動車業界、エレクトロニクス業界での事業開発の動向・狙いを分析し、各々の業界変革のシナリオを予測します。

さらに、台頭が著しい中国Internet Giants企業 BAT(Baidu、Alibaba、Tencent)とGAFAの成長戦略の比較分析を行い、中国発の業界変革を概説します。

【本レポートの特徴】
GAFAが「新しい収益の柱」構築を目指す成長テーマ・コア技術・事業資産を分析
GAFAのAI技術開発動向と、異業種・新市場展開テーマの動向・狙いを分析
IT業界、自動車業界、エレクトロニクス業界にGAFAがもたらす業界変革シナリオを予測
中国Internet Giants企業(Alibaba、Baidu、Tencent)と、GAFAの成長戦略を比較検証

【主な内容】
GAFA企業の成長戦略概論
GAFA各社のR&D・買収・事業戦略分析
GAFA成長戦略がもたらす業界変革シナリオ
中国ネット業界Big3の成長戦略概説

★本レポートをオンラインで閲覧・検索できる「オンラインサービス」とのセットもご用意!
詳細・お申込はこちら

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2018年11月30日
ISBN
9784296101474
ページ数
173
サイズ
専用4穴バインダー式A4判
原著者
日経BP総研 クリーンテック ラボ