100の失敗に学ぶ結露完全解決健康被害と腐朽を防げ!

日経ホームビルダー(編)  

3,960円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

断熱・気密のミスを徹底分析
換気やカビなど最新問題を網羅、新設でも改修でも役に立ちます


高断熱・高気密をうたった住宅で、結露が多発しています。高断熱・高気密住宅の結露は表から見える箇所ばかりでなく、壁内や床下、小屋裏など見えにくいところで発生するので、より深刻な影響をもたらします。結露の原因の多くは、設計や施工ミスです。本書では、高断熱・高気密住宅で実際に発生した100の結露やカビなどのトラブルを部位別、テーマ別に分類して、トラブルの原因と対策を分かりやすく解説します。結露対策の決定版となる1冊です。

■目 次
基礎編 結露の発生メカニズムを押さえる
 温度の境目に注意
第1章 結露を招く断熱ミスと対処法
 【基礎】基礎断熱なのに床下が結露
 【床・天井・窓】24時間換気でも換気不足
 【浴室・玄関・基礎】断熱境界の混乱が多い
 【窓】高断熱サッシなのに結露
 【窓・軒天・壁内】断熱改修したのに結露
 【軒天・壁内】外張り断熱で気密に失敗
 【壁内】付加断熱の施工で大量結露
 【壁内】袋小路の通気層が危ない
 【小屋裏・壁内】防湿シートがあっても壁内結露
 【小屋裏・壁内】通気層があるのに結露
 【小屋裏】通気閉塞が生む夏場の結露
 【小屋裏・壁内】施工中の雨が時限爆弾に
 【小屋裏】黒幕は不慣れな省エネ施工
 【小屋裏】築半年で屋根断熱に大量結露
 【小屋裏】太陽光の後付けで結露
第2章 換気の不具合と対処法
 【ダクト内結露】ダクトに結露水が滞留
 【汚れによる機能低下】掃除できず大量の汚れが付着
 【負圧】高気密住宅で異音が発生
 【エネルギーロス】熱交換なのに光熱費増
 【ダクトの施工不良】ダクトを曲げ過ぎて風量不足
 【騒音】うるさい、寒いで運転止める
 【過乾燥】過乾燥を防ぐ工夫が必要に
 【シックハウス対策】厚労省が化学物質の規制強化
 【性能評価】換気設備の信頼性測る指針に
第3章 カビのトラブルと対処法
 【壁内】通気工法に改めたのにカビ臭
 【床下・基礎】基礎断熱の床下に死角
  ・ダンプネスの家は有病率が高まる
  ・シックハウスを招くカビリスク
 【基礎知識 死なない相手を成長させない
 【効果的な防止策】施工と建材の両面から攻める
第4章 危ない隙間と対処法
 【壁内・天井・床下・基礎・窓 結露防止で注意すべき3層
 【グラスウール・セルローズファイバー】「ボード気密」で省力化
 【グラスウール】高気密の防湿は先張りで
  ・夏型結露を防ぐ防湿シート
  ・土壁の吸湿性を用いて結露を防ぐ
 【ボード状プラスチック系断熱材】「真壁パネル」で精度を高める
 【現場発泡ウレタン】責任施工の利点を生かす
 【セルローズファイバー】吸放湿性を生かす気密
第5章 失敗しない断熱改修
 【床下・窓・基礎・下屋・壁内】ありがちな12のトラブル
 【現場の悩みと処方箋】効果を高めてリスクを削減
 【使える製品】解体せず施工できる
 【健康影響】部屋間の温度差の解消がカギ

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2019年2月25日
ISBN
9784296101917
ページ数
152
サイズ
A4変
原著者
日経ホームビルダー(編)