医師の働き方改革 大全現場と経営の変革に効く「完全マニュアル」

裴 英洙 監修・執筆、日経ヘルスケア 編  

33,000円

  • 全て税込み表示です
小計
円 (税込)

内容紹介

罰則付きの時間外労働上限規制に先手を打つ!
労働関連法規から補助金の活用法まで網羅した解説書の決定版!

医療機関にとって避けては通れない医師の働き方改革について、改革が求められる社会的背景から労働関連法規、院内での取り組みのポイント、実際の取り組み例、助成金・補助金の活用法まで幅広く解説した大全書です。これ一冊で医療機関の働き方改革をカバー。資料編として、働き方改革関連法や厚生労働省検討会の資料も収録し、国における改革議論の経緯なども確認できるようにしました。
2018年6月の働き方改革関連法成立に伴い、2024年4月から医師に対しても罰則付きの時間外労働上限規制が適用されます。その規制のあり方を検討してきた厚労省「医師の働き方改革に関する検討会」が2019年3月末に報告書を取りまとめたのを受け、医師の働き方改革に関するあらゆる関連事項を網羅していち早く刊行します。同検討会の構成員である裴英洙氏が監修を務め、病院経営者や弁護士、社会保険労務士、人材コンサルタントなどの総勢18人の専門家が執筆を担当、専門的な見地から解説を加えました。医師の働き方改革を中心にまとめてありますが、看護職員などの他職種の働き方改革にも活用できます。

 ◎ポイント1 国の議論の中身から背景にある医療界の課題、労働関連法規、取り組みのポイントまでを完全解説
 ◎ポイント2 病院経営者や産業医、弁護士、社労士、コンサルタントなど多数の専門家が執筆を担当
 ◎ポイント3 厚労省「医師の働き方改革に関する検討会」の構成員の裴英洙氏が監修
 ◎ポイント4 医師だけでなく、看護師などの医療従事者の働き方改革にも対応

■主な内容
第1章 なぜ働き方改革が必要なのか?
    医師の働き方改革が必要な理由/国・行政の働き方改革の取り組み/一般企業における働き方改革 など

第2章 働き方改革に関する制度、厚労省検討会での議論
    厚労省の様々な検討会や懇談会/医師の働き方改革に関する検討会/医師の時間外労働規制 など

第3章 働き方改革を理解するための基礎知識
    医療の継続性/医師不足・偏在/地域医療構想/医師需給問題/医師地域枠/救急医療の仕組み など

第4章 働き方改革の労働関連法規
    労働関連法規の基本事項/労務担当者が知るべき働き方改革関連法/36協定/雇用に関する法的書類 など

第5章 医療機関の取り組みのポイント
    医療機関における労務/院内制度の整備/院内の労働安全衛生 など

第6章 働き方改革の実際
    先行事例に見る医師の働き方改革/先行事例に見る医療・介護従事者の働き方改革 など

第7章 医療機関が活用できる助成金・補助金
    助成金や補助金の基礎知識/助成金・補助金の一覧 など

第8章 資料編
    働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律(働き方改革関連法)/医師の働き方改革に関する検討会報告書 など

商品詳細

発行元
日経BP社
発行日
2019年6月24日
ISBN
9784296102839
ページ数
480
サイズ
A4変
原著者
裴 英洙 監修・執筆、日経ヘルスケア 編